コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

真鶴 川上弘美

真鶴 真鶴
川上 弘美 (2006/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

<まなづる。ささやいてみる。まなづる。また痛みがくる>

この作品は、「かみさまの贈り物」のゆうさんのレビューをきっかけに読んでみることになりました。

川上さんの作品は、どうも合わないような気がして、今まで何度も挫折の繰り返し。しかし、この「真鶴」は良かった。川上さんらしく、不思議な作品ですけど、すっと読書の世界に入ることができました。

十二年前に突如、失踪した夫、礼。その日記には真鶴の文字が。真鶴に何があったのか。京は夫の姿を求めて、真鶴へ何度も足を運ぶことになる。

文体がすごく、流麗です。それは、川上さんが描くこの作品の一文、一文が短いせいでもあるのだろう。とにかく短い。だから、失踪された夫を今でも思う気持ちや、胸が痛くなるような切ない痛みが、伝わってきます。
切なさだけの物語ではありません。主人公京は失踪した夫を思いつつ、ちゃんと青慈という恋人もいます。もっとも妻も子もいる相手なんですが。会いたい時に会い、したいときにからだを求めるという関係なんですね。もちろん、根底には愛する夫の影があります。

その夫の影が作り出したものか、真鶴の亡霊なのか、京についてくる女がいます。現われたり消えたりする存在なのですが。京に付きまとう彼女も礼の何かを知っている存在なものだから、つかず、離れずの関係です。

一人娘も成長し、礼との思い出が回想されます。その回想が、とっても切ないんですね。そして、とってもふわふわした描写です。これは川上さん特有のものですね。
不倫といえば、どろどろという感じなんですけど、さっぱり描かれている。とっても性愛の描写も露骨なんですけど、嫌悪感を感じることなく、入り込みました。むしろ自然な形とも取れてしまうから不思議。
一人娘の成長と母と、そして、真鶴(あの世とこの世を繋ぐ箱のような存在)に通うごとに、礼との踏ん切りをつけていきます。
ラストあたりでは、とっても主人公自信の思いもすっきりと描かれています。

ついてくる女がどうもわずらわしく感じてしまいました。どういう関係なのか気になってしまって。てっきり礼と何がしら関係があるのかと思っていました。分からない存在でしたねー。

しかし、川上さんって、文章が上手いですね。特に料理の描写。匂いが伝わってくるような気がします。特に煮干のところは、「うまい」と手を打ったほど(笑)
川上さんの読まず嫌いも、治まりそうです。

川上さんは書評集も出されましたね。川上作品とともに、こちらも読んでみようと思います。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。