コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

さよなら、そしてこんにちは 荻原 浩

さよなら、そしてこんにちは さよなら、そしてこんにちは
荻原 浩 (2007/10/20)
光文社
この商品の詳細を見る

<ブームを斬る!ユーモアとペーソス溢れる短編集>

荻原さんの新作です。といっても、随分、荻原作品は読んでいなかったよなー。われながら、反省。久しぶりの荻原作品はユーモア小説。やはりこの作者のユーモア小説はピカイチです。

泣き上戸と笑い上戸の葬儀屋さん。念願の田舎暮らしを始めた家族。スーパーの食品を担当する男。アクションヒーローに熱を上げる主婦。頑固な寿司職人。イタリア帰りの料理作家。クリスマスのお坊さん。ユーモア溢れる7話の短編。

どの作品も緒面白かったです。表題作の「さよなら、そしてこんにちは」から、いきなりツボにはまってしまいました。ですからあっという間の読書。
「テンゴン宗」で大笑いしてしまいました。
人の死を生業とする葬儀ビジネスは、今や2兆円産業だとか。これほど、辛く家族や人生に直面しているビジネスもないよなー。しかし、荻原さんは、それを笑いに変えました。主人公の妻の出産と重なることを背景に、生と死を荻原流に表現したのです。上手いなー、ほんとに。

「ビューティフルライフ」はリストラを期に田舎の農園を経営しようと引越した家族の話。東京から6時間もかかる田舎なのです。もちろん、都会暮らしが染み付いている家族にとっては、不便だらけ。小高い丘に登らなければ、携帯が繋がらないなんていうのが笑いのツボ。
しかし、田舎ならではの空気の美味しさや、新しい出会いなども、ラストには書かれ、とっても爽快感ある話になっています。

そんな話が7つ。あるようでないともいえない、お話の数々。今の時期なら長福寺のメリークリスマス」がオススメかな。クリスマスに翻弄される住職の話しなのですが、これがまた可笑しく、温かいのです。

この設定をよく荻原さんは思いついたものです。日ごろから、社会現象に批判精神を持ち、いろんなアンテナを張りまくっているのでしょうね。ある意味参考になりますよ、これ。
荻原さんの職業小説は掛け値なく面白い。笑いの中に、悲哀も感じ、現在の自分を省みてしまうこと間違いなし。ここにもわたしや、あなたがいるのでは。

名手が、8年に渡って、書いてきた短編集。ぜひ、手にとって見てください。荻原ワールドに引き込まれること間違いなしの作品です。
「ウイ、サバ、コマンタレブー」が頭から離れない(笑)
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

さよなら、そしてこんにちは 荻原浩

イラストレーションは北村裕花。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「小説宝石」などに掲載の短編集。 葬儀社の営業マン、脱サラ農業の家族、スーパーの係長、イケメンの戦隊ヒーローが気になる専業主婦、寿司屋の主人、料理

さよなら、そしてこんにちは 荻原浩

初めての子供の誕生を待つ葬儀屋や、子供番組のヒーローに熱狂する母親、愛娘のためにクリスマスグッズを買いあさる住職など、立場上そぐわない状況に置かれた人々の懸命な姿を、ユーモアたっぷり描く短編7編。物語ひとつひとつの設定が見事で、立たされている状況に逆...

さよなら、そしてこんにちは 〔荻原 浩〕

さよなら、そしてこんにちは荻原 浩 光文社 2007-10-20売り上げランキング : 2050おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 世のため、人のため、そして家族のため、働き者の悲哀を描く、著者独壇場の傑作集。 (BOOKデータベースより)

さよなら、そしてこんにちは   ~荻原 浩~

荻原さんの新作。 世のため自分のため人のため家族のため、 一生懸命働いているのに、 報われないことってあるんだよね~。 そんな悲哀が十二分に伝わる短編集。 荻原さんのユーモア溢れる作品は 読んでいて本当

「さよなら、そしてこんにちは」荻原浩

一生懸命だけどおかしくて、哀愁を帯びているけど希望がある。 そんな短編集。 ★★★☆☆ 『さよなら、そしてこんにちは』 葬儀屋に勤める陽介。彼には初めての子供が生まれ...

「さよなら、そしてこんにちは」荻原浩

さよなら、そしてこんにちは荻原 浩JUGEMテーマ:読書仕事に家庭に、一生懸命がんばるんだけど空回りしちゃってる人たちの物語。各篇冒頭のイラスト、それぞれの主人公が書かれているんだけど味わい深いです。登場人物が実に現実的。いるよ、こういう人って絶対にいるって思
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

荻原さんらしいユーモアが満載で楽しめましたね~。
8年の間に書いてきた短編、
人々への視線が変わらなくてうれしくなりました。
お気に入りは時期的にもいい
「長福寺のメリークリスマス」です。

No title

こんばんは。よしさん。
スーパーの店員は、つい“あるある”といってしまいそうになりました(爆)
しかし、なんといってもお坊さんのお話、本当に笑えて泣けましたよね。

久しぶりに荻原さんらしい作品が読めて、とても嬉しかったです。
これで直木賞は、どうでしょう?(笑)

No title

>藍色さん
こんばんは。
楽しかった~[絵文字:v-290]
荻原さんの視線って、ホントに私達に近いようなきがします。
だから楽しめるんですよねv-221
「長福寺のメリークリスマス」は最高です。

>ゆうさん
こんばんは。よしさん。
そうそう、TV番組に右往左往する店員ですよね。
店員を主人公にしていますけど、実は私達なんですよね。
だから余計、笑えるv-8
お坊さんの話は、日本人への皮肉ですよね(笑)

今度の直木賞は大激戦の予想が…。それも大激戦。
実力派のオンパレード(?)

No title

「テンゴン宗」で私も大笑い。
思い出すだけで笑えます~。
笑いつつも、しんみり、あるいはほのぼのとさせてくれる短編の数々、
荻原さんの本領発揮でしたね。

No title

>エビノートさん
「テンゴン宗」笑えますよねー。あるような気がします。
おまけに笑い上戸。こんな気持ちで葬儀屋さんて、仕事しているのかなー。
そんな気がしてきました。
荻原さんの持ち味はユーモア小説にあり。
あらためて、そう感じました。

No title

「長福時のメリークリスマス」お薦めですよね。
ちょっとしたジレンマが見ていて微笑ましかったです。
そういえば今年もあっという間に
メリークリスマスの時期になってしまいましたね~。

No title

>す~さん
「長福寺のメリークリスマス」よかったですね。
あの住職の気持ち、分かりますよね。
そこまでしなくてもというきにもなりますが…。
師匠も最高。ケーキはもったいなかったですけど。
まっ、いいんではないんでしょうかね(笑)

No title

よしさん、こんにちはっ♪

>日ごろから、社会現象に批判精神を持ち、いろんなアンテナを張りまくっているのでしょうね

私もこれ、思いました♪
ほのぼのと温かい…だけじゃないんですよね、この作品集。どこか世相に対する批判精神が見え隠れしている。
だから余計に、翻弄される主人公たちが、どこかにいそうな気がするのかもしれませんねぇ。
読んだときは、なんかひねりがないというか、素直すぎるわ(-_-)と思ったのですが、
それがまた、この作者のよさなのかもしれないなぁなんて思います\(^o^)/

また、ちょくちょく伺わせていただきますね。
よろしくです♪

No title

>そらさん
こんばんは。初めましてでした。どこかでお会いしていたような(笑)
失礼しました。今後もお願いします。

そうそう、どこにもいそうな主人公たちなんですね。それは私であったりします。
世相やブームにいいかに我々は踊らされているのか。
そういう目線で読むと、なるほどと思いますが、仕事はこういうものなんですよね。
だから、笑うけど笑えないんです。

今後もお願いします(笑顔)

荻原さんデビュー作品が「千年樹」だったので、ユーモア小説初めて読みました。
私は、「ビューティフルライフ」が好きでした。自分だったら、え~田舎暮らしやだ~っていいそうですけど、でも家族みんなで引っ越し。いいな~って。
そして、生意気なお姉ちゃんも文句言いながらも決して弟のせいにしない。好きだな~。
寿し辰のおやじも、笑っちゃいました。

>じゃじゃままさん
こんばんは。
「千年樹」はは未読なのですが、この作品とは違う作風のようですね。荻原さんのユーモア小説は絶品。仕事系小説も大好きですけど…。
「ビューティフルライフ」も笑いましたね。携帯が…ですね。
寿し辰の頑固おやじも、笑っちゃいました。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。