コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

神様ゲーム 麻耶雄嵩 

神様ゲーム (ミステリーランド) 神様ゲーム (ミステリーランド)
麻耶 雄嵩 (2005/07/07)
講談社
この商品の詳細を見る

<ぼくは神様なんだよ。衝撃的な結末に呆然>

子供も大人も読めるミステリーが売りの「ミステリーランド」。しかし、これは子供には読ませたくない本です。それほど、衝撃的。おまけに誰も救われない話。しかし、この作家の凄いところは、ミステリーとしての面白さが十分に解っている作家さんなのです。

猫を殺すと事件が続発する中。芳雄は、転校生、鈴木君と知り合いになる。奇妙なことに鈴木君は「ぼくは神様だ」と名乗る。そして、猫殺しの犯人を探す中、親友の英樹が隠れ家の井戸で発見される。果たして犯人は誰なのか。

いやー、こわい。これは子供にはいかんでしょう。ショッキングなシーンも連続です。特に英樹の死あたりから、ぞわぞわと恐怖が押し寄せます。
よせばいいのに、鈴木君に犯人に天誅を頼んでしまう。そして、天誅が下ったのは誰か。怖くても真相が早く知りたい。そう思えてくるから、不思議です。
これがこの作家の仕掛けた罠なんですよね。

猫殺しがいつしか、殺人事件に変わっていきます。猫殺しは序章にしか過ぎなかったのですね。
そして、この作家、各章のタイトルに仕掛けを作っています。公表していいかなー。
ネタ晴らしになるので、やめましょう。ぜひ、本作品で確認してください。

冒頭からいろんな仕掛けと伏線がはられています。
これは、公表しちゃいましょう。「誕生日にいつも消せないケーキのロウソクの灯」が、ポイント。
上手いなー、この作家。ミステリーとして、久しぶりに堪能させていただきました。

しかし、何度もいいますが、子供にはちょっとショッキングかなー。動機も真相もあまりに衝撃的。
おまけに残酷なシーンだし。これでもかこれでもかと書かれては、子供にはいけないでしょう。
そして、ラストはもう一つの破壊=カタストロフィーが訪れます。

この破壊的な作家さん。最近、新作が出ていませんが、どうしたのでしょうね。この作家さんの作品は、ちょっと勇気が必要ですが、癖になる面白さです。
大人は読んでみる価値在りですので、ぜひぜひ。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。