コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

日傘のお兄さん 豊島ミホ

日傘のお兄さん (新潮文庫 と 17-2) 日傘のお兄さん (新潮文庫 と 17-2)
豊島 ミホ (2007/10)
新潮社
この商品の詳細を見る

<それでも私、お兄さんと一緒に逃げる。少女達の繊細で切ない気持ち>

「青空チェリー」に続く、単行本二作目の文庫化。文庫化にあたり大幅に改稿をしたそうです。どうやら初期の作品の書き込み不足による、改稿らしいです。

表題作「日傘のお兄さん」はネット上でロリコン男として、注目され追われている身のお兄さんが、「かくまってくれないか」と、夏美を訪ねてきます。幼い頃に毎日遊んでくれた日傘のお兄さんとの再会。それは危険な逃避行になる。ピュアで切ない少女の気持ちを描いた4編。

最初の単行本をわたしは読んでいないので、何ともいえませんが、大幅に書き加えられたらしいです。そして、落とされた作品も。
わたしは、落とされた「猫のように」という作品が気になりますねー。いっそのこと、単行本も読んでみようかなー。

さて、この作品は、何といっても「日傘のお兄さん」のインパクトですよね。ロリコンでネットで追われている「日傘のお兄さん」を匿い、一緒に逃げることにした夏美の、幼いときに抱いた気持ちのままが純粋に描かれています。

一緒に遊んでくれた日傘のお兄さん。ある日、突然姿を消したお兄さんとの再会に幼いときの気持ちが蘇ってくるのです。一緒に逃げる決心をした夏美。その決心の何と痛々しいことか。先も見えない中、幼いときに一緒に遊んだあの竹藪に帰っていきますが…。そこで待っていたものは何とも残酷で切ないんです。

作品的に好きなのは「あわになる」。24歳で死んだ私。初恋の相手、タマオちゃんの家に居つく事に。そして15ヶ月。「死んだものが新しく生まれ変わる」というお話。とっても切なくて、かといって、切ないだけではない、希望の宿るお話です。これなんだよなー、豊島ミホの作品に見える希望って。

「ハローラジオスター」もいいですねー。ちゃらんぽらんでいい加減に生きていたチセ。将来も見えない中、地方の大学に通うことになる。その中で出会ったノブオと付き合うことに。ほろ苦く、チセの成長が清々しい読後感を与えます。

一見、何のつながりもない作品のようですが、共通しているのは、「ピュアな気持ち」。
豊島ミホという作家の初期の作品といえど、その将来性が十分伺える作品なのでした。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。