コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

借金取りの王子 垣根涼介

借金取りの王子 借金取りの王子
垣根 涼介 (2007/09)
新潮社
この商品の詳細を見る

<リストラ請負人、村上真介ふたたび。主人公はあなたやわたしかもしれない>

リストラ請負人、村上真介シリーズの二作目です。前作「君たちに明日はない」では、主人公の村上真介のキャラが立ってましたけど、今回はやや抑えた感じかなー。
決して、爽快な話ばかりではありませんが、余韻が残る作品になっています。

村上真介はリストラ請負人。デパート、サラ金、生保などの会社から雇われ、リストラのために乗り込んでいく。時には、しかたなく、時には同情を感じながら、仕事をこなしていく。リストラに直面した人たちの人生を描く五つの話。

いやー、面白かった。しかし、素直に笑えないよなー。ここに出てくる人たちは、会社勤めのサラリーマンばかり。
そう、私と同じ境遇ではないか!一つ間違えば(間違わなくても)、明日にもリストラの身。そんなわが身を感じつつ、読み終えました。

例えば「二億円の女」を見よ。デパートの外商営業部で働く営業目標、二億円の女性。仕事も順調なのだが、リストラ応じようとする。果たして、なぜ?答えは「数字に追われるのが嫌だから」
分かるよなー、分かる。
最初に入ったデパガに異動になって、輝きを取戻すというお話。

「借金取りの王子」は金融会社に勤める男の話。イケメンで王子と呼ばれた男はなぜ、リストラに応じようとするのか?

「山里の娘」は有名旅館の従業員のお話。難なく仕事をこなしつつも、都会で働きたい欲望を抑えきれず、リストラに応じようとする。

この三作は特にいいですね。表題作「借金取りの王子」のラストの美佐子と宏明の会話がいいですね。涙なくして読めません。いいなー、この夫婦。幸せとは仕事の価値ではないんですね。それを教えてくれる作品です。

皆、収入には不自由していないが、会社の中で働き甲斐や生きがいを感じないまま、過ごしている。つまり、いつでも辞めたいと思っている人たちなのである。家族のために、身を粉にして働く人もいますが、そんな人たちとは一線を画している登場人物なのです。もちろん収入も考えなくてはいけませんが、それよりも人間としてのモラルであるとか、生きがいであるとかを模索している人なのです。
どんな会社や生活の中でもある、悩み。つまり、ここに自分がいます。常識って何?会社って何?そう考えさせられるんですね。そして、このお話に出てくる人たちが見つけた居場所とはどこなんでしょう。

何とリアルな現代を書いてくれるのだろう、垣根さん。
これは現代小説であるとともに、社会小説でもあるとわたしは、思います。このシリーズが書き続けられれば、日本経済の構図が分かるのではないかな。
リストラ請負人を極力抑えつつ、リストラを受ける側を描いたこの手腕に脱帽です。

読み応え在り。前作で垣根さんの意欲作と失礼な書き方をしたと思いますが、もういいません。垣根さんの代表作にしてしまいました。これは、いい作品です。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「借金取りの王子」垣根涼介

借金取りの王子垣根 涼介 (2007/09)新潮社 この商品の詳細を見る「美代ちゃん、じゃあ次のファイル、ちょうだい」「はーい」いつもの村上真介の呼びかけ。そして隣の川田美代子の、いつもの気の抜けた炭酸のような声音。「あ

借金取りの王子 垣根涼介

装画は井筒啓之。装幀は新潮社装幀室。初出「小説新潮」。連作短編集。「君たちに明日はない」の続編(既読・記事は未アップ)。主人公の村上真介はリストラ請負会社の面接官。今回はデパート、生保、消費者金融、ホテルで実施

「借金取りの王子」垣根涼介

『君たちに明日はない』に続く、村上信介シリーズ第2弾です。 前作を読む前に図書館に予約を入れていた作品です。 『君たちに…』が私的には期待したほどではなかったので、 こん...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

痛快な読み心地でしたね。
自分を省みて考えされられたりもしました。
いろんな業界を書き続けられたら、
きっと日本経済の構図が見えてくるでしょうね。
垣根さんの代表作に納得です。

>藍色さんへ
こんばんは。痛快でしたねー。
素直に笑えないところが、痛いんです。
面白いです。この作品。
続けて欲しいですねー、ぜひ。
でも続きそうな、布石もあるような…。

No title

よしさん、こんばんはっ♪

>前作「君たちに明日はない」では、主人公の村上真介のキャラが立ってましたけど、今回はやや抑えた感じかなー。
>リストラ請負人を極力抑えつつ、リストラを受ける側を描いたこの手腕に脱帽です

うんうん♪私は、前作よりも、そこがいいなと思いました(*^_^*)

この題材、我が身を感じないサラリーマンはいないと思うし、
サラリーマンの奥さんもいないと思う。
だからこそ、「おもしろい」のでしょうね~。

>でも続きそうな、布石もあるような…。
私も、人材派遣でもう1作、あると踏んでます♪




No title

>そらさん
でしょー。これ、絶対次があって、大波乱の予感がしますよね。
楽しみです。村上を抑えつつ、リストラの当事者をt淡々と描いたことが、結構も胸に沁みるんです。
いい作品でした。次にも期待します。

表題作がいいですね。
陽子が社長をちょっと意識する辺り、同性として、ムカッとしました。ひがみ?あまりにも垣根さんって、陽子をよく書きすぎてるんですもん。(笑)

TBの調子が悪いのか、よしさんのブログになかなかTBできなくて、残念です。(涙)

>じゃじゃままさん
こんばんは。
表題作には泣きましたねー。
このシリーズ、社長と陽子の仲が気になりますねー。
続きも期待して待ちましょう。

TBをしていただいたとのことですね。おそらくテンプレートを変えたせいもあるのかもしれません。こちらからしてみますね。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。