コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

銀座開化おもかげ草紙 松井今朝子

銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫 ま 32-1) 銀座開化おもかげ草紙 (新潮文庫 ま 32-1)
松井 今朝子 (2007/09/28)
新潮社
この商品の詳細を見る

<人が変わると、街が変わる。街がかわるからこそ人が変わる>

10月発売の文庫作品なのに、画像がないのはなぜ?売れすぎて、在庫ないのかなー、ひょっとして。
松井さんは、ご存知「吉原手引草」(未読)で直木賞を受賞されました。その作品群については定評があったのですが、わたしは初読み。
これが、思いのほか良くて、感激しました。しかし、久しぶりの時代小説のレビューなので、上手く書けるかどうか…。

久保田宗八郎は、ある事件から逃げるように、蝦夷に逃げていたが、5年ぶりに江戸から東京に帰ってくる。街は変わりつつあるが、士族であった自分の誇りを捨てられず、居場所を探している。そんな時、兄の依頼で銀座煉瓦街で暮すことに。個性ある人たちに囲まれつつも、あの事件のあの男の影が、つきまとう。

実はこのシリーズ、わたしは1作目だと思っていたのですが、幕末の事件のことが語られる「幕末あどれさん」(未読)がシリーズ第1作であるらしい。そんなことを知らずに、読んでも話に入り込むことができました。
それほど、味があるのです。

設定がいいですね。御一新(明治維新)から7年。街も変わりつつある東京。そんな中で銀座の煉瓦街に暮すことになる宗八郎。宗八郎の視線で街の変わりぶりが語られる。ガス灯が敷かれ、店が立ち、食べ物が変わる。人の心も変わりつつある。
そんな中で変わりきれないのが、元武士、宗八郎。上野の彰義隊討伐戦の時に出会ったある男から、逃げているのです。
しかし、自分の心の中で、武士の誇りがあり、また舞い戻ることになるのですが…。

煉瓦街周辺に住む人物がたちがいいですね。戸田の若様。薩摩っぽの市来巡査。元与力の原。一緒に暮している、比呂。そして、宗八郎を慕う綾。実は解説で知ったんですが、かなり有名な人もいるんですね。
そんな彼らが関わる事件なんですが、最後に、宗八郎はある決心をします。

いいなー、この展開。もちろん、涙を誘われる話ばかり。「雨中の物語り」で涙、涙。この話のラストで
「物語の中で人は永遠に生きる」
と語られます。上手いです、松井さん。しびれました。

どうやら続編「果ての花火」も刊行。これは読まなくては。
そして、松井今朝子という作家をこれからも読まなくてはいけないよなー。
西南戦争まではこのシリーズ、書いてくれると信じています。時代を背景にした物語をきっと書いてくれるにちがいない。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。