コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

手紙 東野圭吾

手紙 (文春文庫) 手紙 (文春文庫)
東野 圭吾 (2006/10)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

<Imagine all the peaple Living for today>

ここを始める前のブログからの再UPです。
この作品も重いです。
しかし、ラストで光が…。

弟、直貴を大学に行かせるお金が欲しい。兄、剛志は強盗殺人を犯してしまう。たった一人の肉親、直貴の苦難の人生が始まる。そんな弟を気遣う兄は刑務所から毎月1回手紙を出すが…。

東野作品でこの重さは初めてでした。なんとも辛くて、考えさせられました。
加害者の家族とは…。同じ加害者という十字架を背負って、苦難の道を歩く、直貴。通っている高校での関わりたくない故の、親切。大学に行きたくても経済的に無理なのであきらめざるを得ない現実。
そして、やっと自分の夢を歌手に見出して挑戦する直貴に、仲間からやめて欲しいといわれる。

次から次へと、苦難の道が書かれていきます。その後も、就職活動や好きになった女性への結婚の破綻。加害者ゆえの苦しみが押し寄せます。実に重いのです。
殺人者の弟という事実から、隠れて逃げてしまう直貴。自分がこんな境遇だったらどうするのか。やはり逃げてしまうんだろうなー。しかし、直貴のように強くはなれない。
逃げて逃げて、追い詰められて、生きる事さえ精一杯だろう。いや生きてもいけないかもしれない。だから、兄からの手紙は読まずに捨ててしまうというのも分かる気がします。

今、新聞やニュースでは暗いことが一面になります。バラバラ殺人であったり、飲酒運転であったり、政財界の癒着であったり、被害者と加害者がいつもそこにあります。
ですが、被害者に目をむけてしまうのは当然なことなのですが、加害者の家族に目を向ける事はないとお思います。そんなタブーに、あえて東野さんは挑戦しています。

やっと就職して入った会社の社長は「ここから始めろ」と異動を受け入れろといいます。
正々堂々と事実を受け止め、こつこつとできる事を頑張ると決意した直貴。しかし…。
家族への社会的な制裁(差別)は、やむことがありません。正々堂々と生きる意味を履き違えていると気付くんです。それは自分の立場が被害者になったとき、ある決意が生まれます。兄への手紙も書くことになります。

救いは直貴の側で支えた由実子です。彼女の存在の大きさに気付いていきます。同じ逃げるという体験をしていたんでね。彼女がいたからこそ生きていけたんです。
ラストは泣きました。辛い十字架を背負った兄弟でも、たった一人の肉親の絆は消えないんです。

本当に重い内容です。ちょっと勇気が必要です。でもわたしにとっては、現代の社会がかかえる問題を浮き彫りにしていると思います。この作品を読んで、ニュースを見る目が変わりましたもの。そんな作品なんです。
「想像してごらん…」イマジンのメロディに乗せて哀しみが漂います。しかし、バンド仲間の寺尾が言った「ちゃんと想像してみろよ。差別や偏見のない世界を」という言葉がずっと胸に残ります。

しかし、一つ…。それは直貴がバンドに目覚めていく下り。希望を歌には少し現実離れではないですかね。しかし、これがなかったら、ラストには結びつかないし。分かっているんだけどムムムでした。
しかしいい作品であることは間違いありません。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「手紙」東野 圭吾 読む価値の高い、お薦めの作品

追加 映画も見て見ちゃいました(^^;)「手紙」東野圭吾 を読みました。凄く読み応えがあって、本年度読んだ小説の中で、ベスト3に入る作品でした。恥ずかしながら、何度かボロ泣きでした。
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

私もこの本を読んだ後呆然としてしまいました。いろんなことを考えさせられる本で恋愛物が多い私には刺激を与えてくれた本でした。でも久しぶりにいい本に出会えたと思えたので、東野 圭吾さんの他の作品も読もうとおもっていますv-521

>kuwataさん
こんばんは。
お疲れ様です。
そうですね、考えさせられましたね。
特に会社の社長の言葉。自分の現実を受け止めろと。
どう考えていいのか、分かりませんね。

東野さんの作品は、今、3冊待機中。
とっても読みやすいから、おすすめです。白夜行は厚いですから読みきれていませんが。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。