コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド) ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)
加納 朋子 (2007/07/26)
講談社
この商品の詳細を見る

<「ちゃちゃちゃちゃ」で謎を解く>

この作品は
ナナメモ
しんちゃんの買い物帳
粋な提案
まったり読書日記
の各ブログから、読んでみようと思いました。また内容なども参考にさせていただきました。ありがとうございます。

五年生の春、父親の仕事の都合で、北九州の社宅へ引越した高見森(シン)。東京では乱暴者のレッテルを貼られ嫌われ者だったが、不思議な仲間達と出会い、受け入れてくれ、友達となる。そして、幼い頃の記憶の片隅の事件も解けていく。

このお話のいいところから。
登場する少年少女の何とも個性的なことか。美少女あや、竹本五兄弟。その一人が同級生のギザ十。なぜギザ十か、ギザギザ十円玉を集めているかららしい。ココちゃん。そして、不思議で何でも分かる少年パック。この少年の境遇が何とも悲しいのですが。
そんな少年少女がこの物語で活き活きと、走り回っています。

そして、北九州弁が実に可愛い。語尾に「ちゃ」ってつくのが、特徴らしいのですが、可愛いんですよ。他にもいろいろ面白いのがあるのですけど、やはりこの「ちゃ」ですねー。どうやら、加納さん北九州に住んでたことがあるらしい。

挿絵も分かりやすくて、きれいでした。本当に子どもも大人も楽しめる本ですねー。

さて、この物語はシンの友情物語ばかりではないのです。大きなストーリーは幼い頃、パンダ公園の側の社宅で出会った女の子と、その事件。
その謎が柱かなー。思いがけず、謎が解けていくんですね。さすが加納さん。
しかし、疑問も。あやちゃん宅の玄関には、なぜパンダ公園の写真があったのか?パックはなぜ、ココちゃんちの「タンスの上を見ろ」といったのか?(まあ、パックはココちゃんから聞いたのでしょうが)
どなたか、教えてー。

パックの境遇と必死で守ろうとする子ども達に涙。そして、ラスト。自転車で坂をみんなで駆け下りるシーンにジーンとしてしまいました。
「ミステリーランド」は、初読みだったのですが侮れませんね。かって子どもだった大人と少年少女のために」という、うたい文句そのまま、とっても良かったです。

加納さんのあとがき通り、この仲間達で、続編「ちゃちゃちゃ探偵団」、ぜひとも期待しています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子東京から九州の社宅に引っ越す5年生の高見森。子どもの頃から悪さばっかりして母親を困らせてばっかり。いじめっこの乱暴者だったシンだが、新しい社宅ではここちゃん、あや、竹本兄弟にパックと仲良くなった。不思議な存在

ぐるぐる猿と歌う鳥 加納朋子

装画・挿絵は久世早苗。講談社ミステリーランド。主人公で語り手の高見森(しん)には腕白で乱暴者のレッテルが。五年生進級の春、父親の転勤で東京から北九州市へ。引越し先の...

「ぐるぐる猿と歌う鳥」加納朋子

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 (2007/07/26)講談社 この商品の詳細を見る小学五年生の高見森(シン)は腕白で、危ないといわれる遊びが大好きだった。そんなシンが東京から北九州の社宅へ引っ越してきた。主な

ぐるぐる猿と歌う鳥 〔加納 朋子〕

ぐるぐる猿と歌う鳥 (ミステリーランド)加納 朋子 講談社 2007-07-26売り上げランキング : 1099Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫転校先の社宅には謎の人物とある事件が!五年生の春、北九州の社宅へ引越したシン。東京では嫌われ者だったが、ここはシンをまる....
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
みんなで自転車で坂を駆け下りるラスト、爽快でした。
あたたかな気持ちになれましたね。
「タンスの上を見ろ」は、
そこに決め手となるアレ(ネタバレになるかもなので、)が置いてあったからです。
「ミステリーランド」は綾辻さんや乙一さんの怖いのもありますが、
おおむね、安心して読めます。
おすすめは、ほとんど知られていませんが、
二階堂黎人さんの『カーの復讐』です。

よしさん、こんばんは!
パンダ公園の写真があったのは、あやの家族も以前その近くに住んでいたからではなかったでしょうか?
うろ覚えですが・・・
子供たちのイキイキとした姿が爽やかな好作品でしたね♪

>藍色さん
こんばんは。
すごく、いい作品でしたね。決め手になるあれがあそこに置いてあるとはねー。
遡って読み返しました。
でも、なぜパックは知っていたの……。そこが分からないのですねー。
ミステリーランドは侮れません。これから、読むシリーズですね。
オススメの「カーの復讐」、メモします(笑)

>エビノートさん
あやの家族もパンダ公園近くに住んでいたのですよね。
そういうところあったのかなー。覚えていない(汗)
北九州弁が何とも可愛く、子ども達を生き生きさせているといったもいいでしょうね。
加納さん曰く、怪しい北九州弁らしいのですが(笑)
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。