コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

結婚写真 中江有里

結婚写真 結婚写真
中江 有里 (2006/11)
日本放送出版協会
この商品の詳細を見る

<誰かが幸せを運んでくるんじゃなく、幸せは自分の中にある>

この作品は「ナナメモ」のななさんのレビューで知り、読んでみました。
作者中江さんは、ご存知のとおり、女優、司会業に大忙し。おまけに庁読書家。そんな中江さんの小説デビュー作です。

「結婚写真」…満は中学2年の時、友だちからカラオケボックスでの出来事から周囲にシカトされる。そんな窮地を救ってくれたのが母の恋人林さんだった。母、和歌子は夫と別れて以来、仕事に恋に子育てに頑張ってきた。そして、満と一緒に記念の結婚写真を撮ることにした。
「納豆うどん」…父の家業は弁当屋。そこにアルバイトにやってきたのは、中学の頃、辞めていった元副担任の教師、桂田だった。一緒に「頭のよくなる弁当」を考えることに。

テーマは「幸せのかたち」。「結婚写真」の家族は、夫と別れ、新しい家族、恋を生きようとする親子。「納豆うどん」は、ある日突然、口が利けなくなった母と自由奔放に生きてきた父。そんな中で、元教師と出会い、家族の幸せ、生きるという幸せを感じ取ることになるんですね。

どちらも、とってもいいお話です。記念に撮った「結婚写真」をずっと、ある場所に保管していた満。痛いほどの中学の思い出と秘密。でも、母、和歌子共々、一生懸命に生き、成長していくんですね。
一方、「納豆うどん」。しゃべらない母にうどんの作り方を教わるんですが、ここが結構泣ける。そして、最後も爽快かも。

不満は、「結婚写真」でなぜ、林さんの心が母から離れてしまったのかというような、細かい描写が不足しています。やはり、デビュー作だからというのもありますよね。しかし、中学、高校時代の多感な女の子の心情を見事に表現していると思います。
わたし的には水準以上。

さすが、才女。次の作品は書かれないのでしょうか。ぜひ、書いていただきたいなー。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「結婚写真」中江有里

結婚写真中江 有里母親と二人暮らしの中学2年生の満(みつる)。学校でのイジメ、幼馴染への恋心、母親の恋、そして母と娘の関係。(「結婚写真」)高校1年生の夏。突然喋る事が出来なくなった母親の変わりに家業の弁当屋を手伝う由実。新しく来たバイトは中学2年の時の副担
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

あら。こんな風に紹介してもらえて嬉しいです。

どちらも中学生や高校生の親に対するもって行き場の無い気持ちや、あの時期特有の悩みがすごく上手に表現されていましたよね。

>「結婚写真」でなぜ、林さんの心が母から離れてしまったのかというような、細かい描写が不足しています。
私は恋愛ってこうやって何かをきっかけに急にプツリと相手に対する気持ちがなくなっちゃうことってあるんだよなぁってそんな風に思ってました。

>ななさん
こんばんはv-277

>どちらも中学生や高校生の親に対するもって行き場の無い気持ちや、あの時期特有の悩みがすごく上手に表現されていましたよね。
そう、そうなんですよ。わたしが言いたかったのはこれなんです。
だから、この作家さん上手い。デビュー作とは思えないんですよね。

そうですね。あることをきっかけにプッツリと相手に対して、急に思いがなくなることってありますよねって。ありました、ありました。
林さんの場合は結婚と家庭かな。
疎いわたしは、そこら辺が読み取れなかったのです(泣)
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。