コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

八日目の蝉 角田光代

八日目の蝉 八日目の蝉
角田 光代 (2007/03)
中央公論新社
この商品の詳細を見る

<私はこの子を知っている。この子も私を知っている>

この前に読んだ「悪人」があまりに強烈だったため、この作品の印象が薄れてしまいました。おまけに、この作品は図書館返却に迫られ、途中止めになったため、感動も薄れてしまったかなー。
しかし、これは今までの角田作品から一転。新境地とも思える作品です。

不倫相手の子どもを、さらって逃げてしまう希和子。行くあてもなく、行き着くところは、名古屋、奈良の怪しげな宗教団体、そして小豆島へ。17年後、さらわれた子どもはかっての逃亡先を訪ねることに。

逃げる希和子人の気持ちが、痛々しくなります。
犯罪をしてしまう気持ちというのでしょうか。切ないんですねー。この気持ち。
この作品は、いつもの角田さんとは少し違った、作風です。ミステリー色が強いかな。子どもさらい、逃げていくというのロードノベルなんですが、立ち退きを迫られている謎のおばさんであったり、怪しげな宗教団体であったり。とても落ち着けるものではありません。

宗教団体での告白大会が泣きますね。「自分の欲しいものは?」希和子は未来と答えるんですね。希和子だけでなく、そこに集まる女性の過去とリンクし、切ないんです。

そして、二章。薫は成長し、実の両親と妹と暮したのだが、事件を引きずりつつ、ギクシャクした関係になっている。
そして、不思議なことに希和子や両親の後を追うように、不倫をしているという設定です。

自分は一体なんなのか。それを見つけるため、希和子という女性を知るために、昔を辿るのですねー。ここが大きなこの作品のキモです。
ここからが、またいいんです。
宗教団体の施設を見ても、思いが湧かないんですが、瀬戸内海と小豆島の風景を見た瞬間、思い出が…。
ここがいいんですね。

八日目の蝉は幸せなのか?幸せなんですよ。だって、それだけ命を与えられているのだから。わたしは、そう思ったのですが。
そうですよね。

角田さんの新境地のこの作品、ミステリー要素も濃いものですね。でも角田さんらしいなー。
本当に小豆島が、とってもいいんです。

愛人とともに、暮した子どもがその過去に縛られながら、現在を生きるために、辿った旅。素晴らしい作品に仕上がっています。
これは、名作でしょう。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

八日目の蝉 角田光代

不倫相手の子供を誘拐、行き当たりばったりの逃走を続けながら、血の繋がらない子供との絆を深めていく女性・希和子の流転する人生をサスペンスタッチで描いた物語。堕胎せざる得なかった自分と、幸せそうな不倫相手の妻・・・。同じ女性として、その悔しさや悲しみ、...

八日目の蝉 〔角田 光代〕

八日目の蝉角田 光代 中央公論新社 2007-03売り上げランキング : 2650おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか--。理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組み...

「八日目の蝉」 角田光代 凄く引き込まれて一気読み

蝉は、7年土の中にいて、やっと外に出られても7日で死んでしまう・・。その蝉と、この小説の登場人物の人生を、かぶらせて描く20数年間のお話。

八日目の蝉 角田光代

装幀は坂川栄治・田中久子(坂川事務所)。装画は水上多摩江(題字共)。「読売新聞」夕刊2005年11月21日から2006年7月24日掲載。逃げて、逃げて、逃げのびたら...

「八日目の蝉」角田光代

八日目の蝉角田 光代第一章は1985年。不倫相手の家に忍び込み、生後6ヶ月の子供を見るだけのつもりだった希和子。気がついてみたら泣いているその子を連れて逃げてしまう。生まれてくるはずだった子供につけるはずだったな名前「薫」と呼び、友人宅から立ち退き地区で
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。
この作品と、「悪人」に出会えたので、今年はこれ以上はもういいです(笑)

角田さん、ますます好きになっちゃいました。
尊敬!

>ゆうさん
こんばんはv-369
この作品もすごかったです。
角田さんの凄みを感じました。
ただ、ただ悪人の余韻に押され、みなさんの様な感想が書けませんでした。
すごい深い作品ですねー。

希和子視点の物語だけでなく、薫視点の物語もあったことで作品に深みが出たと思います。
さすが、角田さん!と思っちゃいました。

赤ん坊を連れて逃げる希和子の深い愛情、
痛い気持ちがリアルに伝わってきましたよね。
最後にふたりが気づけなかったのは残念でしたけど、
薫が前向きに変われてよかったです。

「悪人」の後に「八日目の…」確かに「悪人」のインパクトが強くてかすんじゃうかもしれないですね。
できることなら、希和子には逃げ切って薫と幸せになって欲しかったです。

>エビノートさん
こんばんは。そうですね、1章(希和子)だけだと、これは切な過ぎますよね。2章(薫)の視点があればこそですね。
あの事件があったゆえに、家族も希和子も憎んでいるけど、それがほぐれてきて、新しい家族と生きようとする姿勢。
感動しますねー。

>藍色さん
こんばんは。逃げる希和子の愛情は感じましたね。でも、その影で泣いている親の気持ちばかりが先行して、わたしは、はいりこめなかったんです。
それが2章では、視点が薫になっていて、その瞬間、やられたと思いました。
港のシーンですね。でも薫を呼ぶ声が聞こえたっていうのが、またいいですね。薫の章で救われました。

>ななさん
こんばんは。そうなんです。「悪人」の後ですからね。
それも途中やめの後ですから。
インパクトが薄れてしまったことは残念。
しかし、この作品にもやられました。どちらも悪人は誰なのかって、落ち込んでしまいました。
希和子を応援する自分も確かにいましたねー。
でもこれからの生活をどうするのかと、心配でした。
家族とは何とも感じましたねー。

新しいブログ早速みさせてもらいましたv-278
私は最近東野圭吾さんの手紙という作品を読みました☆相変わらず同じ作者の本ばかり読んでるので、今度「悪人」読んでみようとおもいます!

>kuwataさん
こんばんは。
いつもお世話になっています。
東野さんですね。『手紙』も考えさせられる作品でした。

ここ最近、あまりに忙しくて、なかなか読書が進みません。
ということもあり、『手紙』こちらでも再UPしようと思います。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。