コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

夜明けの街で 東野圭吾

夜明けの街で 夜明けの街で
東野 圭吾 (2007/07)
角川書店
この商品の詳細を見る

<不倫する奴なんて馬鹿だと思っていた>

渡部は派遣されてきた秋葉とバッティングセンターで会う。それが始まりだった。次第に親密になる渡部と秋葉。しかし、秋葉には殺人事件の最有力容疑者。もう少しで時効を迎えるというのだが。

東野さんの新作は、何と不倫小説でした。しかし、この不倫小説はどうも中途半端な気がしました。ドロドロでもなく、強いて言うのならベタな不倫小説。
純な恋愛小説ではないので、仕方がないとは思いますが、それにミステリーを絡ませているのですから。

渡部が秋葉と不倫することになって、のめりこんでいく描写が丹念に書かれています。
殺人事件はどう絡まっていくのかなどと、思って読んでいたのですが、期待したほど、絡まりません。むしろ、不倫をする渡部の、心理描写の方に重きを置いてるんですねー。これがわたしにとって、いただけませんでした。
妻も子もありながら、それでも秋葉との仲が深みにはまっていきます。クリスマスやバレンタインデーなど記念日には、友人を巻き込みながら、可笑しいほど嘘をついていきます。

男と女ですから、当然ありなんですけどね。いつまで書くのかなーと思いつつ読んでいました。本当は秋葉側からも読んでみたかったのですけど、殺人事件の容疑者というシチュエーションですから無理なんですよね。

結局、この作品は、男性からの不倫を描いた作品で終わっているのですよね。
秋葉の家族関係も、「不倫」が基で壊れてしまっているんです。そうした殺人事件の容疑者と渡部の心理描写は、さすがだと思います。
しかし、不倫描写が長すぎるんですね。これがベタな不倫小説といった理由です。

しかし、救いは最後の番外編。本編で渡部に忠告する友人の新谷の告白なんですが、これが一番東野さんらしい。
この告白がなかったら、この小説は全く生きなかったような気がします。番外編に救われました。

新刊の度に新しいものに挑戦している、東野さん。わたしは、この1冊を読んで、良かったという気持ちに変わりはありません。
意欲作ということにしときましょう、今回は。
次回作に期待します。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

夜明けの街で  東野 圭吾

夜明けの街で東野 圭吾 07-187 ★★★☆☆ 【夜明けの街で】 東野 圭吾 著  角川書店 《東野作品、不倫のテーマ…》 出版社 / 著者からの内容紹介渡部の働く会社に、派遣社員の仲西秋葉がやって来たのは、去年のお盆休み明けだった。僕の目には若く見えたが

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。よしさん。
やっと予約がまわってきて読みましたが・・・
私も、よしさんと同じような感想でした。
とてもスケールの小さなミステリーでしたよね。

とほほ・・という気分で読み終えてしまいました。

>ゆうさん
こんにちはi-1
東野さんらしくないミステリーでしたね。
残念v-12
次に期待します。

夜明けの街で

はじめまして~よしさん!
「夜明けの街で」読みました。
東野圭吾初心者の私としては結構楽しく読めました。いや、読みやすかったですね~
不倫願望の男性達に是非、おすすめしたい!と思いました^^

>yuyuさん
はじめまして。いらっしゃいませ。
東野圭吾ファンとしては、イマイチかなー。
東野さんの作品は、読みやすいんですよね。すっと物語に入っていくんですね。
不倫願望の男性にですか!
そう、ラストの妻の姿に、不倫の罪を感じるのですが、どうでしょうか?

不倫・・

有美子は、夫の浮気に気づいていたのだと思う。
妻って、夫が思うほど、バカでも鈍感でもありませんよ~。でっ・・どうして気づかぬふりをしていたのか?ここが難しいですね。人それぞれだし、妻のほうにも許さなきゃならない理由があったのかもしれません(意味深~)
ただ・・十字架を背負って夫婦していくのは結構辛いものがあるんじゃないかな・・。
夫婦ってなに?なんて考えたりして。欧米じゃ、簡単に離婚するんでしょうがね。
「何故恋をするの?」の問いに「幸せになりたいから~」って言うけど、本当の幸せってどこにあるんでしょうね・・?

>yuyuさん
こんにちはi-1
そうそう、夫の浮気には気付いていたんですよ。
では、いつから?結構、前からだとわたしは思う。
きっと、夫は戻るという確信があったのかなー。だとしても、夫は妻を裏切ったことに変わりはないのだから。
代償は大きいんなー。

>妻のほうにも許さなきゃならない理由があったのかもしれません(意味深~)
その辺りをもうちょと掘り下げて書いていただいたら、面白かったと思うのですが、いかがでしょう?
本当の幸せとは一体なんなのでしょうか。

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。