コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

神田川デイズ 豊島ミホ

神田川デイズ 神田川デイズ
豊島 ミホ (2007/05)
角川書店
この商品の詳細を見る

<花束になんかなりたくない>

貧乏アパートに集っては、無駄な日々を過す男子大学生3人。「このままではいかん!」。何かを始めようとして選んだのは、お笑いだった。(見ろ、空は白む)
田舎から上京して女の子が出会ったのは、政治サークルの先輩の優しさと素敵な笑顔。孤独を感じながら不器用に生きる少女。(いちごに朝露、映るは空)
など、6つの話。男女のキャンパスライフを描く。

来たー、豊島ミホが大学生の男女の話を書きました。とすれば、豊島さんの出身大学のあの大学かなー。
といっても、この短編集、きらびやかでも華やかでも、爽快でもない。
ここに描かれている男女は、貧乏で才能もなければ、夢ややりがいもあるわけでもなく、それでいて孤独なんですね。
それはこの本のタイトルである程度、予想がゆくと思いますけど。

決して大学生活は楽しいものではないんですよね。ここの登場する男女の思いは誰もが感じてきたことなのではないのかなー。
例えば、田舎から出てきて、友だちもできず、孤独を感じたこと。何をしていいか見つからず、夢を探した時期とか。
そういう時期をわたしも思いだしました。ただ、何となく日を過ごした日々。そういう時期を思うと、齢を重ねると、ただ懐かしく、貴重な時間だと思います。決して、あの頃に帰りたいとは思いませんが…。
若者の特権なのかもしれませんね。

この大学生が可笑しい人ばかりなんですね。
わたしが一番、笑ったのは「リベンジ・リトル・ガール」の角田君。
夏休みの課題をやっていない言い訳が可笑しい。何せ「カブトムシの交尾を見ている間に夏休みが過ぎた!」
その後も、カブトムシネタを色々考える始末。
あまりにばかばかしくて、こういうのも使えるかな。

ちゃんと、温かくさせ、希望を持たせる手腕は豊島さん、さすがだなー。
自分のあの頃を思い出す、涙あり、笑いあり、希望ありで、とっても満足な1冊です。
「カブトムシが…」頭にこびりついて、離れない(笑)
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「神田川デイズ」豊島ミホ

神田川デイズ豊島 ミホ地方出身の大学生。同じ大学に通う学部も学年も違う6人の物語。「かっこ悪くていたたまれなくて、ちょっぴり愛しい上京ボーイズ&ガールズのキャンパスライフ。俊英、豊島ミホ、ついにきたど真ん中の青春小説!!」豊島さんが卒業したあの大学が舞台

神田川デイズ 〔豊島 ミホ〕

神田川デイズ豊島 ミホ 角川書店 2007-05売り上げランキング : 442おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫かっこ悪くていたたまれなくて、ちょっぴり愛しい上京ボーイズ&ガールズのキャンパスライフ。俊英、豊島ミホ、ついにきたど真ん中の青春小説。...

神田川デイズ   ~豊島 ミホ~

初豊島ミホ作品でした。もちろん、「イマ」の大学生の生活を描いているんだけど、すごく懐かしい感じがしました。入学したての緊張と不安。友だちできるだろうか?とかサークル何に入ろうか?とか。慣

神田川デイズ 豊島ミホ

イラストレーションは太田マリコ。ブックデザインは鈴木成一デザイン室。「野性時代」2006年2月号~12月号隔月掲載。大学生活を描く短編集。見ろ、空は白む:空白の3年間。僕・原田は仁田と陸奥男に「なにかしよう

神田川デイズ 豊島ミホ著。

≪★★★≫ 面白かったですよ~。本当は★4つでもよかったくらい。ただ、最終章の星子と従兄の話があまり好きじゃなかったのと、童貞メガネーズの面々がキモイので、マイナス~。 童貞メガネーズの彼らは、各章で、通りすがりにコントがウケてるくらいの登場が望ましいです...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

よしさん、こんばんは!
最初は痛い!痛い!と思いながら読んだんですが、それぞれが頑張る姿に共感しながら読みました。
童貞メガネーズがお気に入りです♪
カブトムシネタも面白かったですよね~~♪

青くてアホ臭い青春ストーリーでした。
でも、でも、輝いていない毎日だと思っていても、
振り返ってみると
それぞれ輝いてたんだな~と
この本を読んで改めて思いましたよ。

よしさん、こんばんは。
地味で目立たない学生たちのがんばる姿。
共感して読みながら
私も大学の頃を思い出していました。
これまでにないコミカルさも加わって
キャラクターたちがいい味を出してましたね。

>エビノートさん
こんばんは。「童貞メガネーズ」いいですよね。
ちゃんと、その他の話でも端役で繋がっているんですよね。
みんなが、頑張っている姿に感動してしまいました。

>す~さん
こんな青春時代ありました。
考えることは幼くて、直線的でまさに若気の至り。
でもそういう彼らが、うらやましく思えるんですね。いいなー。

>藍色さん
本当にあの頃を思い出すんですよ。
お金はなかったなー。
悶々と過ごした日々がありました。
何をどうして、どうしたいのか。いいなー若いって。

私は角田君の独り言に、心の中で突っ込みを入れてる小林さんに爆笑してました。(笑)
でも個人的には中野さんと準が一番好き。関係が一番安定してるというか。そういえば、私も学生時代、コンパでたまたま席が近かったというだけで男女4人で仲良くなってよくつるんだな~って。

しかも、コンパではそれぞれ他のお目当てがいたはずなのに、よりによってお前たちかよ~って後で散々愚痴って。そんなどこにでもありそうな学生時代を思い出して、よかったです。
あ、でも星子の最後の章は、笑うところがなくてあまり好きじゃなかったです。

>じゃじゃままさん
笑える作品でしたね~。
自分のこの年の頃を思い出しました。
いろんな人の微妙なすれ違いがアレ、あれって感じで楽しめました。
じゃじゃままさんの学生時代も思い出されたようでダブりますよね。
悲しいかな、作品自体を忘れつつあります。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。