コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

チルドレン 伊坂幸太郎

チルドレン (講談社文庫 (い111-1)) チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
伊坂 幸太郎 (2007/05/15)
講談社
この商品の詳細を見る

<俺たちは奇跡を起こすんだ>

家庭裁判所の陣内、同僚の武藤、友人の鴨居、そこで出会った盲目の青年永瀬。永瀬の側にいる盲導犬と優子。そして家裁で担当をする少年達。陣内をめぐる5つの物語。
この作品の感想は伊坂さんらしい作品だなーということ。とってもほんわかして、優しい気持ちになれる作品集です。殺人事件がおきるわけではなく、日常的、非日常的あわせた陣内を巡るエピソードが書かれています。

「陣内のまわりの友人から見た陣内という男の話」といった方がいいかもしれません。陣内のキャラクターを浮かび上がらせています。この男、とっても破天荒だけども憎めない。人の迷惑は顧みない、唯我独尊的性格に周りは迷惑している。でもとってもまっすぐな性格なんです。

「俺たちは奇跡を起こすんだ」
「そもそも大人が恰好良ければ、子供はぐれねえんだよ」という陣内。そんな陣内の活躍を描く「チルドレンⅡ」がわたしのお気に入り。陣内たちがライブで奏でる「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」に涙。

テーマは「父と子」でしょうか。それぞれの作品が父と息子、娘の関係を描いています。とってもいい作品集であることは間違いないのですが…、この作品は短編集なのだが長編であると伊坂さんが書いているのですが、それがさっぱりわからない。どこがどう繋がっているのか。確かに繋がっているのはわかるのですが、一つの話にはなっていないような。これはよく分かりませんでした。

とっても伊坂さんらしい作品です。長編で感じる一つひとつにピタッとはまっていく、ジグソーパズルのような爽快感はなかったけど、いい作品には間違いありません。きっといつか再読する作品でしょう。
だって謎が解決していないんですよ、わたしの中で。それほど伏線があるんですよね、きっと。
また陣内に会いたいなー。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

チルドレン 〔伊坂 幸太郎〕

チルドレン伊坂 幸太郎 講談社 2007-05-15売り上げランキング : 160おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫「俺たちは奇跡を起こすんだ」独自の正義感を持ち、いつも周囲を自分のペースに引き込むが、なぜか憎めない男、陣内。彼を中心にして起こる不...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

よしさん、こんばんは!
陣内が良いですよね。
周りは振り回されてしまうんだけど、その言葉は力強いものがあって惹き付けられてしまいます。
私も「チルドレンⅡ」がお気に入りです。
この話、陣内の父との経緯が各短編で繋がっているから長編なのかなと思いました。
自信なしですけど。

No title

>エビノートさん
こんばんは。コメントありがとうございます。
なるほど、それで長編なのですか。
実はだいぶ前に読んだものを再アップしましたので、内容はほとんど忘れてしまいました。
これは再読しなくてはいけませんねー。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。