コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

三月は深き紅の淵を 恩田 陸

三月は深き紅の淵を 三月は深き紅の淵を
恩田 陸 (2001/07)
講談社
この商品の詳細を見る

<幻の本をめぐる4つの物語>

多数の方にオススメいただいた本です。
いわゆる三月シリーズというそうで、様々な作品とリンクしています。

この世に七十部しか存在しないという匿名作家の私家本『三月は深き紅の淵を』。人に貸すならただ一人、たった一晩だけという奇妙な条件がついた、「幻の本」をめぐる4つの物語。「三月は深き紅の淵を」という本の内側とこれをめぐる外側の本書。入れ子の構造が謎を呼びます。

結局、どれが本当の『三月』なのかがよく分からなくなるのです。この本自体が「三月」ですし。
恩田陸さんは小説、物語、本が本当に好きなんだなと伝わってきます。だって、冒頭からロアルド・ダールの映画にもなった名作からだもの。
そんな恩田さんが仕掛けた罠と迷宮の世界をぜひ、堪能してください。

恩田さんの、読書遍歴も分かったような気がして、すごく嬉しい気分にもなれます。恩田さんは、小説、物語をとっても愛しているんですねー。

第1章が英国風ミステリー、第2章がロードノベル、第3章が本格ミステリ、第4章はSF仕立てなのですが…。個人的には第2章と第3章が非常に好みです。
ただし、わたしは第4章の結末というか分かりませんでした。もう少しストレートに教えて下さいよ。理瀬の物語は独立してもいいのでは。
その解決編は別の作品に繋がっているらしいいのだけれども。
第4章が納得いかないのです。

はたして、「三月は深き紅の淵を」の存在とは。そうあるんでしょうねー。しかし理瀬との関係は何なのでしょう。
どなたか教えてください。第3章からは一気読みでした。
ずるいです、上手すぎます、恩田さん。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「三月は深き紅の淵を」恩田陸  感想

まだ2作目ですが、恩田作品は、ちと苦手かも・・って気がしている今日このごろ。恩田作品って、優等生で、かつ、秀麗な外貌で、クールで大人っぽい判断力もあり、・・って人が良く出てきませんか・・・?

月の影 影の海〈下〉 十二国記 講談社X文

うん、よかった。序章が、終わった。って感じの終わり方。よっしゃ、これからだー。がんばれ、陽子!って、思わずいいたくなる。物語の随所でいろいろな伏線が張られてる。先代の慶王、海客の延王。これらはまた違う話へと続く。上巻のいらいらが、見事昇華されました。SF
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。