コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

顔のない敵 石持浅海

顔のない敵 顔のない敵
石持 浅海 (2006/08/22)
光文社
この商品の詳細を見る

<何とテーマは「対人地雷」。しっかり、ミステリーしているから驚き>

1993年、カンボジア。NGOの坂田は、対人地雷の除去作業を行っていた。その時、突然の爆発音が。誰かが地雷を踏んだ。そこには、頭部を半分吹き飛ばされたチュオンの死体が…。なぜ彼は、立入禁止区域に入ったのか?事故か殺人か?「顔のない敵」。
地雷をテーマにしたミステリー6話と、処女作短編1話。

このミステリーは、対人地雷がテーマです。
いろいろ、論議があると思いますが、このテーマに挑み、ミステリーとして仕上げた作者の力量は、なかなかだと思います。

「地雷原突破」「顔のない敵」のように、直接、殺人の凶器として地雷が使われるところがあったりもします。残酷な殺人かもしれませんが、わたしはそれはそれでありかなと思いました。

「利口な地雷」では近未来の地雷の考え方なども、出てきます。
何せ、放っておいたら、自然になくなってゆく地雷なんですから、防御するのは打ってつけだとか。もし日本が戦争に巻き込まれえたら、こんな地雷も開発されるのかなと、少々、怖くなってきました。

「未来へ踏み出す足」は多大な危険を伴う除去作業への願いかもしれません。最近、自由自在に動ける8本足のロボットが開発されたとニュースで、話題になっていましたけど、本作では百足型ロボットです。なんとタイムリーなんでしょう。
こんなロボットがあれば、被害も少なくなるのに。

わたしは「トラバサミ」が一番皮肉で、面白かった。何せ、地雷の恐ろしさを分からせるために、地雷の替わりに、トラバサミを仕掛けるというストーリー。それを真剣に見つけ出そうとするのだから、すごい。

「銃声でなく、音楽を」では、地雷除去作業をするNGOなどの活動の裏側も垣間見れたような気がします。

作者は地雷というものの、現状を見つめ、メッセージも作品に残しています。そして、将来的に地雷がなくなることを希望しています。
こんな、おろかな無差別兵器を生み出した人間の馬鹿らしいことといったらありません。

最後の1編は処女作。エレバーターの中の殺人です。
さすがに、まだ若い作風。しかし、この作者特有と気付いたんですが、ディスカッション・ミステリーの体裁をきちんとなしています。そうした意味では紛れもなく石持作品なのでしょう。

とにかく、難しいテーマに挑んでミステリーとして仕上げたこの作家、わたしは買いです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。