コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

夜は短し歩けよ乙女 森見登美彦

夜は短し歩けよ乙女 夜は短し歩けよ乙女
森見 登美彦 (2006/11/29)
角川書店
この商品の詳細を見る


<御都合主義でもいいじゃん!なむなむ!>

京都の大学に通う私は、後輩に一目ぼれ。夜の先斗町、古本市、学園祭。偶然を装い、彼女を追うが微妙なすれ違い。ただ外堀をうめるだけの日々が続くのか。

噂の作家さん、初読みです。
なんなんだ、これは。驚きとなれない文章に四苦八苦。時間がかかってしまいました。
しかし、内容は青春奇想小説といいましょうか。やっぱり驚きの一冊でした。

まず、先輩と後輩の二人の視点で物語は交互に語られていきます。なぜ、交互にしたのかは最終章までたどり着いたとき、分かるんですよ。追えども追えども、微妙なすれ違いをしてしまう、先輩と後輩の黒髪の乙女。この黒髪の乙女が、今や貴重な超天然少女なのです。

設定がいいですよね。この黒髪の少女が結婚式の二次会が終わり、夜の先斗町に繰り出すところから、物語が始まるのですが、そこでの出会う人たちがおかしい。錦鯉を愛する東堂さん、美女ではあるが大酒飲みの羽貫さん、いつも浴衣姿の樋口君、そして謎の老人・李白さん。とっても不思議で魅力的な人たちなのです。
その他に詭弁論部に閨房調査団など、何ともいえないおかしさなんですよ。そんな人たちが起こす事件とそれに関わっていく黒髪の乙女と、影から追い続ける私。可笑しいやら悲しいやら。

京都が舞台でちゃんと四季があるというのも、成功ですね。わたしは夏が好きですね。古本屋の神様が古本について、講釈するところなぞ、ワクワクして読んでしまいました。
京都だからこそこうした奇想の数々が浮かぶのかなー。奇想だけではなく、ちゃんと恋愛小説の形もなしていて、読後も爽やかなんです。

それにしても、お友だちパンチを繰り出し、「こうして出逢ったのも、何かの御縁。なむなむ!」と祈る黒髪の乙女の可愛さといったら…。貴重キャラかもしれません。本当に面白くてバカらしい小説です。

しかし、今や大人気の森見さん初読みも、この独特の文章に慣れるまで苦労しました。しかし、ファンタジーがあまり得意ではない、わたしもいつしか引きずり込まれて、最後まで読んだ作品でした。次の作品も読んでみようかなー。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。