コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

だいこん 山本一力

だいこん だいこん
山本 一力 (2005/01/21)
光文社
この商品の詳細を見る


<一家を背負う、つばきちゃんは、えらい!>

浅草の一膳飯屋「だいこん」を15歳で興したつばき。そのひらめきは幼い頃からの経験によるもの。飯を炊くことが誰よりも上手かったつばき。そのつばきが「だいこん」を切り盛りする中から生まれる、アイデア。決して苦難にひるむことなく、立ち向かってゆく。

山本一力さん2作目。「梅咲きぬ」に匹敵する面白さです。

「梅咲きぬ」は老舗の誇りを背負った物語。「だいこん」は一家を背負って一膳飯屋「だいこん」を起こすつばきの話。
ストーリーは「だいこん」がいいですねー。脇役は「梅咲きぬ」かなー。この作品も素晴らしいです。

のつばきは幼い頃から、父の姿を見て育ち、父を教訓として一人で「だいこん」を立ち上げます。
人を見る目やものの考え方は、父に教わりながら。

次々といろんな困難がつばきにふりかかります。そうした時につばきのアイデアが窮地を救います。こうした困難に遭遇したときの対処の仕方を教わったような気がします。
つばきのように強くなりたいなー。

前半はつばきの幼い頃の父の姿が丁寧に書かれています。これは、先にも書いたように幼い頃の経験が強くだいこんに反映されていくからです。酒と博打が好きで借金を返すことができない父と家族の姿は涙ものです。しかし、物見番の賄いとして通ううち自分の才能に目覚めていきます。

いい本というのはいつも思うのですが、中盤からぐっと加速させるものを持っていると思います。この「だいこん」もそう。
店をもつことを決意したつばきのりりしさに感動し、入り込んでいきました。 しかし、父安治のだらしなさって。でも、わたしにはつばきの気持ちがわかります。
どんなにだらしなくても父の優しさが大好きなんです。こういうところが山本一力さんなのですよね。
家族はどんな境遇であろうと温かいもの。そういっているようでした。

後半に向かうにつれ、だいこんをますます繁栄させていくつばきが書かれます。経営って難しいんですよね。
ともあれ、この作品も人生の「指南書」です。つばきの姿を読み、読者がどういう風に思うのか。これも山本さんの計算なんです。
繁栄している現在に居座らず、さらに上をめざすつばきの姿にやっぱり元気をもらいました。
だいこん深川編が読みたい、山本一力さん。
最後に言います。恋を成就させてあげてください。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

私もこの本、大好きです。庶民的な分、「梅咲きぬ」より好きかも知れません。働き者のつばきちゃんには、頭が下がるやら、わが身を振り返ると恥ずかしいやらで。

火消しをあつかった「まとい大名」も、かっこよくておもしろかったですよ。

>くままさんへ
こんばんは。はじめまして。
コメントありがとうございます。

いいですよね、この本。つばきちゃんが何とも魅力的ですよね。
恋の行方もきになります。
「まとい大名」ですか!チェックしますねv-221
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。