コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

バスジャック 三崎亜記

バスジャック バスジャック
三崎 亜記 (2005/11/26)
集英社
この商品の詳細を見る

<何とも奇妙で不思議な味。堂々の三崎ワールド>

前作の「となり町戦争」では日常の中にある日、突然、非日常の戦争が飛び込んでくるという設定で読者を驚かせてくれました。その作者が織り成す、何とも奇妙で不思議な短編集。

仕事から帰ると、二階扉をつけて欲しいという奇妙な依頼があるが、何のための二階扉かが分からない…「二階扉をつけてください」
「今、バスジャックがブームである」という言葉から始まる…「バスジャック」
動物を完全に演じる奇妙な職業の日野原。動物園での仕事を受けたものの…「動物園」
お母さんが突然いなくなり、見つけて着いたところは、全く人形としか思えないものを車椅子で押す人たちが集まるホームだった…「送りの夏」
この4編が特に秀逸です。その間にある短編、長短編たちがとってもほっとさせてくれます。特に「しあわせな光」は超短編ではあるけれど、とっても幸せな気持ちにさせてくれます。

この作者の持ち味なんだろうけど、本当に怖いです。「二階扉をつけてください」のラストに寒気がしてきます。平然とした顔で人形を押している「送りの夏」でのホームの人たち。こちらは心理的に怖い。
そして、とにかくブラック要素がたっぷり詰め込まれています。「バスジャック」をゲームにしてしまうなんて。ちょっとやりすぎだとは思うんですが、それを敢えて書く作者はすごい。現在の動物園事情を網羅した「動物園」。

そして、悲しい。「しあわせな光」「二人の記憶」、そして生と死について考えさせられる「送りの夏」が、とても切ないんです。
この作品集を読んでいて、星新一さんや阿刀田高さん、筒井康隆さんと重ねてしまうのはわたしだけでしょうか。

ホラー、ユーモア、パロディととっても多彩な三崎さんに脱帽です。そして文章にスピード感を感じさせてくれますので、すぐに入り込んで楽しめた作品でした。
三崎亜記さんは今後も注目する作家さんです。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バスジャック  三崎亜記

今回はかなり時間がかかりましたが、芥川・直木賞特集もこれが最後、三崎亜記さんの『バスジャック』です。候補作『失われた町』は既に読んでいたので、三崎さんは唯一未読だったこの作品を。表題作を含めた5つの掌編に2つの短編、計7つのお話が入っています。大まか....
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。