コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

博士の愛した数式 小川洋子

博士の愛した数式 博士の愛した数式
小川 洋子 (2005/11/26)
新潮社
この商品の詳細を見る


<数字、それはなんて美しいものなんだろう>

家政婦のわたしは、事故のため記憶が80分しかもたない数学博士の下にいくことに。靴のサイズを発端に、わたしと阪神タイガース大好きの息子√とともに博士との奇妙で温かい交流が始まる。

淡々とわたしと息子と博士の、日常が語られていきます。
80分しか記憶がない博士の家政婦となった、わたし。しだいにこの数学博士の数字の魅力に取り付かれていきます。
「君の靴のサイズはいくつかね」で始まる数字の魅力にはまっていきます。
誕生日と博士の論文の賞の数字が、友愛数であると語られていくところから、切り離せない存在になっていくんですね。

そして息子√と博士の関係。阪神タイガースが大好きな息子√。江夏が活躍している時代しか記憶にない博士。博士を気づかう√少年。なんて愛情深い、いい子なんでしょう。
ケガをしたときに博士を気づかうルート少年に涙しました。
√の誕生日のシーンも涙。

なんて奇妙で不思議で悲しく、温かい作品なんでしょう。
いい作品です。
そして、わたしにとってはもうひとつ。江夏なんです。わたしの時代のヒーローですよね。王、長島をライバルとして、牙をむいた江夏選手ののエピソードが満載です。江夏選手の背番号も完全数なんですよね。

日ごろは何気なく見ていた数字の世界。あっ、これは素数ではないか、なんて思って数字の世界にはまっています。フェルマーの最終定理も出てきます。
80分の記憶なのでメモだらけの博士。それを受け入れ、接する親子。いい話だなー。
しかし、疑問。博士の愛した数式は一体なんなのですか?
今いち、その意味がわからなかったのが、わたしの不満。
これは一重に読み手のせいでしょう。
何度もいいます。いい作品です。第1回本屋大賞受賞作品もうなづけます。
ぜひ、ぜひこの名作を読んでいただきたいのです。

スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。