コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

スコーレ№.4 宮下奈都

スコーレNo.4 スコーレNo.4
宮下 奈都 (2007/01/20)
光文社
この商品の詳細を見る


<人生には4つの学校がある>

古道具屋マルツ照会の3姉妹の長女、麻子。妹の七葉は、何に対しても積極的である。この一つ違いの妹に対して劣等感をもちつつ、何事にたいしても決して積極的にはなれない麻子が一つの殻を破るまでの成長の小説です。

この作者、ただものではないですねー。文章が本当に上手い。瑞々しく流麗なんです。女性ならではですかね、本当に美しい。
中学生の時の水色の描写を見よ。本当にはっとさせられます。
好きな人に佇んでしまう光景。いいんです。

麻子という女性の成長小説なのですが、№1からの章が、それぞれ、各時代の短編にもなっており、各章ごとにとってもいいんです。

好みは人それぞれあるでしょうけど、わたしは就職した輸入貿易会社から、すぐに出向に出された靴店の№.3が好きですね。
自分自身の才能に、目覚めたときの麻子の姿に凛々しさを感じました。
自信を持って、臨んでゆく麻子の姿に元気が出てくるんですよね。

麻子の中に自分を投影しているからなんでしょうね。「何をやってもダメ」という劣等感。それが家族の中の妹であるというコンプレックスを彼女は、いかに克服していくのか。
克服する力は家族や、生活の中にちゃんとあったのです。そして、一緒に克服できる相手も見つかり…。
最後も爽快のひと言。

欲を言えば、少しラストにこだわりすぎたかなー。まっ、著者最初の長編小説ということを考えれば、それもまた良し。

「大切なのは好きかどうかなのだ」
このことを胸に生きていこうと思える作品なのです。

今年一番の注目される、新進作家の秀作をご堪能あれ。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スコーレNo.4 宮下奈都

三人姉妹の長女として生まれ、古道具屋を営む家で育った麻子の中学生から大人になるまでの物語。愛らしく要領のいい妹への嫉妬感や、容姿や性格に対するコンプレックスなど、日常の出来事を丁寧に描写し積み重ねることで、主人公・麻子の心情が見事に表現されていた。...

「スコーレNo.4」宮下奈都

スコーレNo.4宮下 奈都三人姉妹の長女として生まれた麻子・13歳。一つ年下で綺麗な七葉、まだ小学校一年生のお豆さんの紗英、古道具屋を経営する父と専業主婦の母、そして厳格な祖母と暮らしている。そんな麻子の中学生・高校生・大学生・社会人の物語。宮下さん、「コイ

スコーレNO.4 〔宮下奈都〕

スコーレNo.4宮下 奈都 光文社 2007-01-20売り上げランキング : 18372おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫どうしても忘れられないもの、拘ってしまうもの、深く愛してしまうもの。そういうものこそが扉になる―。ひとりの女性への道のりを描く書下...

「スコーレNo.4」宮下奈都

スコーレNo.4アンソロジー「コイノカオリ」で「日をつなぐ」を読んでから、ずっと宮下さんの他の作品も読んでみたいと思っていました。だから、これはすごく楽しみにしていたのです。出だしは「日をつなぐ」の胸が苦しくなる感じを思いだして、あぁやっぱりこれは宮下さ....
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。よしさん!
新しいブログはとてもステキですね!
見やすいです!!
どんどん更新お願いします!(笑)

この作品ですが、思いのほか感動しました。
非常によかったですよね。
繊細で押し付けがましくない文章がとてもよかったです!
早く他の作品がでないかなぁって、心待ちにしています!

よしさん、こんばんは。

No.3で今までの自分の殻を破って一歩踏み出した麻子。よかったですね。
いろんな所に共感できる素敵な物語でした。

宮下さん、注目の作家さんです。

v-280>ゆうさん
こんばんはv-280
どんどん更新(笑)できるよう頑張ります!(泣)

本当に思いのほか良かったですね。繊細なんですよね、この方の文章は。早く次の作品が読みたいです!

>ななさん
こんばんはv-354

一歩踏み出した主人公とっても感動しました。そのまま行かないところがこの作品のキモかも…。いろんなところで共感できる作品でした。
期待しましょう!

よしさん、こんばんは!
TBありがとうございました。
素敵な本、素敵な作家に出会えた幸福感に浸っちゃいました。
まだまだこれからの新進作家さんなんですね~。
そうは思えないほどの描写力、繊細な文章がとても心地よかったです。
今後も期待ですね!

>エビノートさん
素晴らしい作家さんに今年も出会えたことに感謝ですねー。
わたしは、名作だと思っています。
これほどの作品を読むことができた今年は、やはりとってもいい年だったと思っています。
香り立つ名作ですね!

よしさん、こんばんわ
私もNO.3好きです。
でも、それまでの息苦しいまでのNO.1と2があったからこそ、3が輝いた気もします。
もっともっと宮下さんの作品を読んでみたいです。
素敵な作家さんに出会いました♪

>juneさん
お久しぶりです。
消息を絶ちまして、ここにたどり着いています。
実は前のブログはスパムが多すぎて、こちらで腰を据えてやっています。
連絡しなくて申し訳ないです。

さて、この作品は実に良かったです。
文章に品があり、主人公の成長が実に心地いいんですね。
落ち着きのある作品ですよね。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。