コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

廃墟建築士/三崎亜記

廃墟建築士廃墟建築士
(2009/01/26)
三崎 亜記

商品詳細を見る

<不思議な建築物をテーマにした4つの話。三崎ワールド全開だが…>

三崎さんの作品の面白さは、日常を描いた別世界の話が多いです。
それも奇想天外で、ある意味皮肉が交じってて、現実の社会の真逆であるとか。
それが、三崎さんの持ち味であると思っています。
この作品は、建物をテーマにした4つの短編集ですが、どれも不思議な話ばかりです。各書評では結構、評価が高かったのですが、わたしは「鼓笛隊の襲来」の方が好きなんです。
さて、その理由は…。

廃墟は現代人の癒しの空間。だが人が住んでいることが発覚し「偽装廃墟」が問題になって…表題作ほか、ありそうでありえない建築物を舞台に繰り広げられる、不思議で切ない三崎ワールド。4編収録。【集英社HPより】


冒頭、書いたとおり、三崎ワールド全開の作品集です。
しかし、わたしが疑問視したいのは、少々、話が難解になってきたのではないかなと思えるのです。
どうやら、建物は三崎さんの専門分野でもあるみたいですので、そちらを書けば必然的にそうなるのかなと。

表題作「廃墟建築士」のインタビューはこちら
なるほどと思いますね。廃墟マニアだったんですね。
廃墟よりも廃線の方が好きなのですねー。つまり、趣味の専門性があるばかりに、単純明快な不思議話の味が伝わりにくかったのでは。少なくともわたしには。
話が哲学的になりすぎた嫌いがあるんです。その辺が入りこめなかった理由です。

それでは個々の短編をかいつまんで紹介。
この中で、一番好きなのが「七階闘争」。
なぜか事件が起こるのはビルやマンションの七階ばかり。市は七階を撤去するという決議を出すが、これに反対する住人たち。その闘争を書いているんですが、これがおかしい。実際七階部分がなくなるというのが、奇想天外です。おまけにそこに住んでいる人たちは、連帯して決起するんですね。中には裏切りあり、脱落者あり。そして、「七階と共にする」という犠牲者まで。いろんな闘争の皮肉と切なさを兼ね備えた、名作だとわたしは思うのですが。

「廃墟建築士」
廃墟に魅せられ、廃墟建築士となった主人公。しかし「偽装廃墟」が問題になる。
表題作ですが、廃墟を建築するという不条理なタイトルこそ、この話のキモかも。偽装はニヤリとしてしまいます。この世界には永遠などなく、朽ち果てていくのが定め。人生にも準え、味のある作品です。連鎖廃墟が見てみたい。

「図書館」
派遣されて、図書館の夜間開館を任された私。本の野性を取り戻すことができるのか。
うまくいったように見えた夜の図書館だったが、閉架図書や寄贈本の氾濫と、ある人物とシンクロし暴走する。
発想がすごい。これ、「ナイト・ミュージアム」(?)のパロディ。実際、本が舞う姿を想像したら、楽しくなりました。

「蔵守」
蔵守をし続けて、引退間際の男。ついに仕事を引き継ぐ後継者がやってくることに。
何のために蔵を守るのかというところが、おもしろい。その真相が分かった時、びっくりです。
そして、後継者が遺志を継いでいくところも、なかなかいいです。「蔵のことは蔵に聞け」。良く分からないんでが、おかしいです。
ただ、わたし、蔵と蔵守の視点で物語が綴られているのに気づきませんでした。
なんだ、そういうことだったんだとあとから気付きました。

ふしぎな話ばかりです。随所に三崎さんらしさを感じさせられました。
ただただ難解になったことが、難点と言えるのでは。
それにしても、この作品を読んでから以降、すっかり廃墟に興味が出たのは私だけ(笑)
すっかり、影響受けてるし…。

【ブロ友さんも読まれています】
かみさまの贈り物
ナナメモ
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「廃墟建築士」三崎亜記

廃墟建築士 三崎 亜記 JUGEMテーマ:読書 ありえないことなど、ありえない。不思議なことも不思議じゃなくなる、この日常世界へようこそ。七階を撤去する。廃墟を新築する。図書館に野性がある。蔵に意識がある。ちょっと不思議な建物をめぐる奇妙な事件たち。現実と...

-

管理人の承認後に表示されます
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あっ!よしさんも一緒ですね。
私も、この作品を読んで廃墟に興味が出て、軍艦島という廃墟ばかりの写真集を図書館で借りてみました(笑)
よしさんも、拝見されてはいかがですか?

Re: No title

>ゆうさん
こんばんは♪
三崎さんの「廃墟建築士」のHPを見て、佐賀の廃墟が見たくなりました。
軍艦島は有名ですよね。ツアー応募者殺到とか。
写真集は知っていたので、探してみます。
考えてみると、あることはあるのですねー。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。