コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

流星の絆 東野圭吾 

流星の絆流星の絆
(2008/03/05)
東野 圭吾

商品詳細を見る

東野さんの作品を読むのは久しぶりです。また騙されるんだよなーなどと、反面、期待していたのですが…。ドラマ化もされ、もうすぐ始まります。タイムリーな時期に読むことができました。でも、わたし見るのどうしようか、迷っています。

惨殺された両親の仇討ちを流星に誓いあった三兄妹。
「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」
14年後――彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった。
「この小説は私が書いたのではない。登場人物たちが作りだしたのだ。」――東野圭吾
息もつかせぬ展開、張り巡らされた伏線、驚きの真相、涙がとまらないラスト。すべての東野作品を超えた現代エンタメの最高峰。【講談社BOOK倶楽部HPより】

<時効間近の惨殺事件。残された三兄妹が仕掛ける罠>

未読の方はネタバレが満載ですので、ご注意ください。
ペルセウス流星群を深夜に家を抜け出し、観にいった14年前。帰ったとき、両親は殺されていた。という、ショッキングな内容なんです、ここまでの導入もOKです。
両親は洋食屋を営んでいて、そのハヤシライスの味を、子どもたちにも伝えていた。これも、OKなんです。伏線としてもなかなか、いいんですね。

それから14年。成長した三兄妹は、なんと…、それは、ないのではないんですか。それも揃いも揃って、悪人になっている。その人を騙す過程についてはそれなりに楽しく読ませてもらったのですが、わたしとしては、こういうストーリーはちょっと。苦労しながらも真面目に働く姿でと期待して読んだために、思わない肩すかしを食らった感があります。

ここまで書くと、何をしているか分かりますよね。詐欺師です。そして、なんと騙す相手は、両親を殺した犯人の息子。そこから、詐欺師なりの罠で犯人を追い詰めようとします。
ポイントはハヤシライスの味。父と同じ味に涙し、犯人を決め付けていくのですが、それはなんと短絡的ではないですか。もちろん東野作品だから、一筋縄ではいかないものだとは思っていたのですが‥。思ったより、驚かなかったなー。

ごめんなさい、素直に入り込めなかったわたしとしては、さらに妹と犯人の息子が恋愛関係になるというところが、ありえない。その苦悩というのもまあまあ伝わってくるのですが、違う展開もありかなと。わたしとしては、この詐欺師というのが引っかかるんです。妹は別に詐欺師でなくてよかったのでは?

と、あまりいいところがないように書いていますが、東野ファンとしては、少し物足りないというのが正直な感想かな。遊びもあって、別のシリーズものの加賀や草薙の名前が出てきたときには、思わずニヤリでした。
そして、この作品を引き締めたのはやはり、ラストかなー。ここでそう来るかという、ラストは実に納得だったかな。このラストがなかったら、わたし、次から読むまいとまで思いました。
しかし、やはり読むんですよ、東野作品は。
次作に期待します。
あっ、そうそう、ドラマはどうしようかなー、まだ迷っていますがおそらく、見ないと思います。厳しい評価でごめんなさい。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。