コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

使命と魂のリミット 東野圭吾

使命と魂のリミット 使命と魂のリミット
東野 圭吾 (2006/12/06)
新潮社
この商品の詳細を見る


<人間は生まれながらにして使命を与えられている>

東野圭吾さんの新作はタイムリミット・サスペンス。密室の中の極限状態で人間の使命を問う。

以下ネタバレしていますので、気をつけて読んでください。

研修医の夕紀は、ある使命をもって大学病院で勤務している。その使命とは、父の死の真相を探るため。そんなおり、「医療ミスを公表せよ」と大学病院に脅迫状が届く。病院は狙われていたのだ。ある使命を持った犯人に。

と、こんなあらすじなんですが、タイトルが表すようにキーワードは「使命」。この事件に関わる人がいろんな使命を持っています。主人公の夕紀もだし、もう一人の主人公譲治も。
大学病院という巨大な病院が狙われ、事件が大きく動き出しますが、その狙いというのが一つの縦糸。
そして、もう横糸は、夕紀の父の死の謎なんです。なぜ、あんなに元気だった父が、手術中に死んでしまったのか?それには医者としての恩師であり、母と関わりのある西園が関わってくる。その疑惑を解明したい。

そして、縦糸と横糸が交差したとき、事件が起こります。極限状態の中、犯人が狙ったものとは、魂(命)は救えるのか。

東野さんは実にうまいと思います。タイムリミット・サスペンスの緊迫感がひしひしと伝わり、一気読みです。
しかし、この作品は、「容疑者Xの献身」「赤い指」に比べるとちと、感激が少ないです。
まっ、一級のサスペンスに感動たっぷりとは東野さんにあまりにもぜいたくを求めすぎているのではないのでしょうか。

そうとはいえ、作品としては一級。おすすめします。
「人間は生まれながらにして使命を持っている」
重い言葉です。わたしの使命とは何だろう?うーん、とりあえず、本を読むことか…。
もちろん希望もちゃんと用意してあります。
さあ、読んでください。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。