コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

九つの、物語 橋本 紡

九つの、物語九つの、物語
(2008/03)
橋本 紡

商品詳細を見る

<世界はいい加減で危うい。でも、楽しいものだ>

なんと言っていいんだろう、この作品。ある意味、今年一番の衝撃本(?)かもしれません。さまざまな感想が飛び交って、未だに上手くまとめられません。つまり、この作品がいかに素晴らしいものかということで、感想を悩んでいるからなのです。

大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。だが、奇妙で心地よい二人の生活は、続かなかった。母からの手紙が失われた記憶を蘇らせ、ゆきなの心は壊れていく…。【集英社HPより】


まず、まず、どこか素晴らしいのか。物語の各章のタイトルは、著名な古典の数々。太宰治や井伏鱒二、そして、この作品のタイトルもこの作家から来ているのでしょうけど、サリンジャー。有名なあの本が、モチーフに使われています。それぞれの作品が、しっかり、各話の中で息づいているのです。
最後に主人公のゆきなは言います。「ああ小説とは。これほど絶妙なタイミングで心に飛び込んでくる」。えてして、こういうことが本読みの中には良くありますよね。そうした本好きの心を揺さぶってくるんですねー、この作品。

ストーリー自体が、この話のキモなので、全部は書けませんが、幽霊となったお兄ちゃんが妹のゆきなの前に現われるというところから始まります。まあ、なぜ幽霊になったのかというところが、この話の主題でもあるから、ここから先は書きません。さらに、息詰まっていく恋人との関係や、両親の問題などで、次第にゆきなの心が壊れ始めてきます。
「世界は壊れてはくれない。毎日は必ず過ぎてゆく、止まらない」とゆきなの悲鳴が綴られます。

そんな時、ゆきなの側にいるのがお兄ちゃんなのです。無頼の女好きで、幽霊になってもそれは治らず、家を空けることも。でも肝心な時、うざいと思えるほど、ゆきなの側にいるんです。兄が妹を見る目が何とも優しいのです。
そんな、ゆきなが慰められるのは、お兄ちゃんかの本棚から取り出す本であったり、お兄ちゃんの作る手料理であったり。この料理が最後にまたいい味出しているんです。
そして、お兄ちゃんに教わったトマトスパゲティ。「食べて見ないとわからないなんて、まるで人生見たいじゃないか。何かを入れすぎても、そこそこおいしくできるんだ。ほら、それもまた、人生みたいだろう」

いやいや、本好きの心をくすぐり、さらに料理好き。そして、ゆきなの壊れた心を懸命に取り戻そうとする兄。どれをとっても、心に沁みる癒し本だとわたしは思うのですが、どうでしょう。
しかし、香月君のふところの狭さはいかがなもんでしょう?母の気配りのなさも。
などなど、少し気になる点もありましたが、十分癒される本だと私は思います。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「九つの、物語」橋本紡

九つの、物語(2008/03)橋本 紡商品詳細を見る 泉鏡花の「縷紅新草」を読んでいたら、お兄ちゃんが部屋に入ってきた。「あのさ、ゆきな、前から...

九つの、物語 〔橋本 紡〕

九つの、物語橋本 紡 集英社 2008-03売り上げランキング : 2131おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 大切な人を、自分の心を取り戻す再生の物語 大学生のゆきなのもとに突然現われた、もういるはずのない兄。 奇妙で心地よい二人の生活は、しかし?...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。