コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

こっちへお入り 平安寿子

こっちへお入りこっちへお入り
(2008/03)
平 安寿子

商品詳細を見る

<わたし、人生勉強してたんだね>

気がつけば、もう5月も7日!おまけに8日も更新をストップしてる(汗)。決して、遊び呆けていたわけではないのですがって、GWだから別にいいか(笑)。この間、日ごろの怠けぐせがたたり、何と9冊も溜まってしまったわけで…。こりゃ、もう致命的で、忘れる寸前状態。更新に思い立ったというわけです。待っていらっしゃった方、ごめんなさい。いないか(再び笑い)。
というわけで、平さんの新作です。

落語好きにも、そうでないあなたにも。笑いあり、涙ありの素人体当たり落語寄席、開演!この私が、やれるのか。人を笑わせられるのか?吉田江利、三十三歳。独身OL。落語に挑戦しちゃいます。【祥伝社HPより】


平さんの作品は今年で三作目。昨年から平さんの出版ラッシュで、わたしも『風に顔をあげて』以来、すっかりファンになってしまいました。
平さんの作品は、大きな事件は何も出てこないんですね。ただ、日常の家庭や職場の問題などがさりげなく、織り込まれ、いつしか元気になる。決して強引ではないんです。ただ、前に進む原動力になったりするんですね。これがたまらない魅力だとわたしは、思うんですがどうでしょうか。

この作品も、そんな感じです。主人公は33才の江利。仕事もまあまあ。上司から仕事を任せられて、後輩の教育係になっているんですね。そんな江利が、友人が入っている落語サークルに出向いた時、落語を薦められるんです。自分が落語なんてとやる気はないんですけど、落語のCDを聴いた瞬間、世界が変わっていきます。そして、次第に落語の世界にはまっていき、ついに発表会に出ることに。その過程が、妙に清々しく、可笑しく、こういうのが本当にはまると言うんでしょうね。それは、決して馬鹿らしいんじゃなく、読み手のわたしたちも落語の世界にはまっていくから不思議。そして、何かにはまっていくというのは、何て楽しいんだろうと思えてくるんですね。仕事や家庭や、それ以外に踏み出せないわたしや、あなたに違う世界に踏み込む勇気を与えてくれるんです。そこが、この作品の魅力ですねー。

江利はいいます。『仕事以外で、何かを「やる」側に回ったことはない』。つまり、内側ばかりで、外に向って、何かをやることが、最高の気分転換になるというわけです。『仕事である程度の力を発揮できているとは思うが、それを自分の存在証明にしたくない』。うん、わかるなー。仕事でもそうなんですけど、それだけじゃないんですねー。何かを自分の存在証明にしたい。つまり、生きがいを持ちたいんですね。同感同感と頷いてしまいました。

さて、この落語のお話。江利の中で、次から次へと興味が広がり、「寿限無」や「船徳」「金明竹」「三枚起請」、「饅頭怖い」などおなじみの落語の話が満載。わたし、落語が結構好きなので、これはもう、うんうんと納得のお話でした。また、古今の著名の落語家さんのエピソードも満載なので、落語好きにはたまらない1冊でしょうね。特段、落語を知らなくても、十分面白いですから、念のため。

これだけではないんです。これに江利の家の問題も絡むんですが、まあ、これは別になくてもいいような気も。どっちかというと、はっきりしない恋人との話だけでも良かったかも。ともあれ、最後は爽快爽快。落語のサークルの楽笑さんが何と言っても、いいんです。そして恋人の旬も。

『知れば知るほど、落語が描く人間の物語は深く、怖く、温かい。わたしたちを取り巻く状況は常に厳(きび)しいものですが、落語頭があれば乗り切れると、わたしは信じているのです』(著者あとがきより)
まさに、そんな気がしてくるんです。落語頭があれば、乗り切れる。落語は人生そのものなんですね。
平さんの作品って、面白いです。さて、次はどうくるんでしょうか。
わたし、落語CD買っちゃいますから!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

こっちへお入り 平安寿子

こっちへお入り 装幀は松昭教。「小説NON」連載に加筆訂正。 三十三歳の独身OL吉田江利は親友、友美の素人落語の発表会に。職場ではあ...

「こっちへお入り」平安寿子

こっちへお入り(2008/03)平 安寿子商品詳細を見る 親友の友美に駆り出され、落語教室の受講生たちが熱演するステージを見ることになった江利は...

「こっちへお入り」平安寿子

こっちへお入り 平 安寿子 JUGEMテーマ:読書 落語好きにも、そうでないあなたにも。笑いあり、涙ありの素人体当たり落語寄席、開演!この私が、やれるのか。人を笑わせられるのか?吉田江利、三十三歳。独身OL。落語に挑戦しちゃいます。 素人が落語に挑戦しよう...

こっちへお入り 〔平 安寿子〕

こっちへお入り平 安寿子 祥伝社 2008-03売り上げランキング : 181963おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ ギャグ?このわたしが、ギャグをやる? やれるのか。人を笑わせられるのか。オヤジギャグで人をうんざりさせるアホ上司とは大違いの、ち?...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

合い間に挿入されたコラムとあわせて、楽しめる内容になってましたね~。落語に夢中になることで、日々充実していく気持ちが羨ましい。私も何か見つけたいなという気持ちになりました。

こんばんは。
コラムがまた楽しかったですねー。そうそう、落語頭があれば、何でも乗り切れそうな気がしてきました。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。