コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ビールボーイズ  竹内 真

ビールボーイズビールボーイズ
(2008/02)
竹内 真

商品詳細を見る

<ビール・ダーッシュ!>

いつも寄らせてもらっているブロガーさんが、この作品をほめていらっしゃったこともあり、読みました。この作家さんも初読みなので、どうかなと思ったのですが、なかなか。
本の世界って、いろいろな蘊蓄を教えてもらえることが楽しいですよね。この作品は、ビール一色。楽しく、読ませていただきました。

北海道の新山市、正吉たちは、ビール工場の撤退のために憧れの茜が転校していってしまうのを惜しんで、秘密基地に集った。茜を転校させてしまうビールという存在へ復讐するために、皆でビールを飲んでしまおう! これが正吉の地ビール造りへと誘うきっかけだった。4人の仲間たちの12歳から30歳まで、ビールで結びついた友情と成長の軌跡を描いた感動の物語。名作『カレーライフ』につづく、フード系成長小説の決定版。きっとビールが飲みたくなるコラム付き。【東京創元社HPより】


お話は、幼なじみの四人組が秘密基地で、友だちを追いやった、ビール工場に復讐するために、ビールを飲み干すところから始まります。そこで見つけたプロペラは何のため?
四人組のそれぞれの人生と成長と別れの中から、大切な友情を描いた痛快な青春小説といっていいでしょう。ビール祭りと銘打たれた各章のタイトルは、なんでもなくただの幼なじみの飲み会。その飲み会が今後の人生にちゃんと繋がっているんですね。うまいです、この辺り。

そして、この幼い四人組のエピソードが妙に自分の学生時代とダブって、懐かしい。修学旅行でのビール祭りなど、笑うとともに、同じようなことしてたよなーと思うんですね。
そんな四人組なのですけど、ビール祭りを行った、今は東京に出て行る広治郎のペンション・パックの空き家を小火で燃やしてしまったことが、ずっと心に残ったままなのです。そこで、勇が消防署につかまるのですが、なぜ、つかまることになるのか。再び広治郎と再会し、正吉と薫がそこで勇に指示されて見つけたもの。ここのシーンでジーンときましたね。

ビールとは切っても切れない4人組。正吉は地ビールの生産を。薫は地元をPR。広治郎は町おこし、勇はバックアップ。そして、最後は。
ある意味、うらやましくなる友情の物語。いいですよね、この話。正吉の真面目な努力に頭が下がると同時に、ここまで一途に夢を追えることの素晴らしさ。なくしていたものを思い出させてもらいました。
そんな仲間に正吉が、伝えた感謝のもの。これがまたいいんですね。

薫の設定は、そうきたかと。特段、この設定でなくても良かったような気がするんですが。ちょっと違和感。普通の設定で良かったのではないかなー。そこが、少し引っかかってしまうのでした。まっ、そういう設定でないと、茜に繋がらないというのもあるのかも?

各章の間に挟まれたビールの蘊蓄が妙に詳しくて、最初は煩わしく思っていたのですが、これもちゃんと各章につながっていることに気付く。なるほど、ビールって素晴らしいよな。
元々、わたしはビール党。体調不良もあって、ビール断ちをしていたのですが、これを読んで復活。何とも罪作りな一冊でした。
この作品を読めば、きっと、あなたもビールが飲みたくなる一冊です。

素晴らしきかな、ビール。
友情とビールに乾杯!
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ビールボーイズ 竹内真

北海道の新山市で、ビール工場が撤退。友人との別れを余儀なくされた仲良し4人組が、別れのきっかけとなったビールへの思いを胸に歩んでいく成長小説。 友人と別れざる得なかった12歳から、しっかりと自立した30歳になるまでの4人組の物語で、全編にビールを絡ませながら...

ビールボーイズ 〔竹内 真〕

ビールボーイズ竹内 真 東京創元社 2008-02売り上げランキング : 86102Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ 北海道の新山市で、正吉ら12歳の少年達は秘密基地に集った。 ビール工場の閉鎖で、家族と町を離れることになった少女をしのんで――。 思えばこれが、...

ビールボーイズ (竹内真)

(本の内容) 北海道の新山市で暮らす正吉たち12歳の悪ガキトリオは、秘密基地に集った。 憧れの茜が市内のビール工場の撤退を機に、転校していってしまうのを惜しんで。 茜を転校へと追い込んだ、ビールという飲み物に復讐、つまりは飲むためだ。 茜の親友の薫も加...

ビールボーイズ 竹内真

装幀は水野哲也。カバー・本文イラストはフジモトヒデト。北海道の新山市。ビール工場の閉鎖で転校した茜を惜しむ正吉、広治郎、勇、薫。四...

「ビールボーイズ」竹内真

ビールボーイズ(2008/02)竹内 真商品詳細を見る 一九八三年、十二歳の少年たちが秘密基地に集まった。正義感の強いリーダー的存在の正吉、頭脳...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

おはようございます。よしさん。
本当に爽やかで、清々しい子供達のお話でしたよね。
しばらくは、ビールビールと頭の中から、離れませんでした(笑)

>ゆうさん
こんばんは。良かったですね、この作品。
今日もビールに走ってしまった私です(泣)。

やっぱりビールが飲みたくなっちゃいますよね~。私も読み終えてから、ビールを飲んじゃいました♪
竹内さんの作品、初だったのですね。同じ時期に読んだ『ワンダー・ドック』も良かったですよ。
あと、『カレーライフ』もおススメです。こちらはタイトル通り、カレーが食べたくなっちゃいます。
機会があれば、こちらもどうぞ。

>エビノートさん
こんばんは。「カレーライフ」「ワンダードッグ」も気になっていたんですよ。ぜひ、読んでみますね。
ビール、ビール♪ですね。

こんばんはー
普段はアルコールを殆ど口にしない自分ですが、
これを読んでやはりビールを飲みたくなってしまいました。

>りべさん
この本を読んで以来、すっかりビールにはまっている私です。
何とも罪な作品でした。季節的にもビールの季節到来だし…。

こんばんは。
のど越しのいい爽やかな作品でしたね。
四人の仲間がそれぞれに取り組み果たす役割が適材適所な感じでよかったです。
ビール、適量を心がけられてくださいね。

トラックバックさせていただきました。

>藍色さんへ
こんばんは。
今もって、ビールにはまっています。困ったもんです。
四人組みの友情が良かったですね。
飲みすぎはいけませんよね。でも上手いんです、この季節から。

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。