コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

嘘をもうひとつだけ 東野圭吾

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
(2003/02)
東野 圭吾

商品詳細を見る

<嘘を隠すには、もっと大きな嘘が必要になる>

久しぶりの東野さんです。加賀恭一郎シリーズは一作しか読んでいませんでした。数ある積読本から引っ張り出して読みました。東野さんのミステリーらしくて、なかなか良かったです。

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが…。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。【BOOKデータベースより】


この作品集のテーマはタイトルにもなっている「嘘」。犯罪を隠すために、容疑者がつく嘘を、加賀は一つの綻びから解きほぐしていきます。この論理的展開が快感なのです。「ガリレオ」のように科学的な解明ではないのですが、そうですね古いんですが「刑事コロンボ」のような展開かな。一つの矛盾点がどんどん広がり、さらに嘘を隠すために別の嘘が必要になる。そして、容疑者にカタストロフィーが訪れるんです。

ということなので、犯人は冒頭から提示されていますので、犯人当てではないので、その向きが好きな方にはちょっとと思われるかもしれません。前述しましたが「刑事コロンボ」的展開なのですが、コロンボのようなクセは加賀にはありません。あくまでスマートに解きほぐしていくのが、またいい。

収められている作品を紹介してみましょう。
↑の作品紹介にもある表題作「嘘をもうひとつだけ」は、元プリマ・バレリーナの悲哀と誇りを感じさせる作品です。どのように犯行が行われたかが、この作品のキモ。
「冷たい灼熱」…妻を殺した犯人のその動機と真相。そして、息子はどこに。社会問題ともなっているテーマが扱われています。
「第二の希望」…体操でオリンピックを目指す、母子の悲劇を描いた作品です。最後の競技会のシーンが悲しい。
「狂った計算」…冷たい夫を殺すために、仕組んだ罠が予期せぬ展開に。一番、お気に入りの作品です。なぜかといえば「容疑者xの献身」を髣髴させる展開に、感心と驚き。
「友の助言」…この作品集の中では、この作品が少し変わっています。交通事故で入院している友だちを見舞う加賀だが、なぜ事故を起こしたのかということを、解いて行きます。その真実がわかるラストは、とても悲しい。

どれも選りすぐりのミステリーです。そして、どの作品も人間の悲哀と、嘘をつかざるおえない人間の悲しさが見え隠れしています。
『容疑者xの献身』や『赤い指』に繋がる作品集です。
加賀恭一郎シリーズは二作目ですが、続けて読みたくなりました。
東野さんの人間ドラマより、ミステリーの方がより好きだという方にはうってつけの一冊だとわたしは思います。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

嘘をもうひとつだけ

著者:東野 圭吾出版:講談社文庫ジャンル:小説 紹介文:東野圭吾さんの作品は、長編は芳醇なワインの味わい、短編は吟醸酒のような切れ味の良さを感じます。加賀という刑事が登場する、この連作短編も、容疑者と刑事の微妙な間合い、理詰めなのに固さを感じない会話の...

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

よしさん、はじめまして。
これ、面白かったですね。
短編だけど1作1作味わい深くて、大好きです。
私は加賀刑事の大ファンなんです♪
推理小説的な作品という意味では「悪意」が面白いですよ。

>iaさん
はじめまして。
いいですね、加賀刑事。わたしもファンになりました。
「悪意」ですか!これ、積読本です。これまた、近々お目にかかれるかと思います。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。