コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

天使はモップを持って  近藤史恵

天使はモップを持って (文春文庫)天使はモップを持って (文春文庫)
(2006/06)
近藤 史恵

商品詳細を見る

<掃除をやっていれば見えるものもあるのよ>

またしても、近藤さんです。この作品、ユーモアミステリーと思いきや、どうも違ったようで。各作品が、何だかとっても辛かったのです。でもでも、最後は…。

深く刺さった、小さな棘のような悪意が、平和なオフィスに8つの事件をひきおこす。社会人一年生の大介にはさっぱり犯人の見当がつかないのだが―「歩いたあとには、1ミクロンの塵も落ちていない」という掃除の天才、そして、とても掃除スタッフには見えないほどお洒落な女の子・キリコが鋭い洞察力で真相をぴたりと当てる。 【BOOKデータベースより】


何だか、時間がかかってしまいました。『タルト・タタンの夢』のようなほのぼの系を期待していたのですが、外れてしまいました。何でかなー。きっとこの作品が、日常に潜む人の悪意を描いているからなんでしょうね。決して爽快な話ばかりではありません。ただ、そんな人間に潜む悪意を、ビルの清掃をたった一人でやっているキリコという女の子が、解明していくんです。

冒頭の「オペレータールームの怪」では、新入社員の大介と清掃員のキリコとの出会いの章でもあるんですが、さっそく事件に巻き込まれるんですね。大介の机の上に置かれた書類が消えるんです。それが1回ではなく続いて。果たして真相は…。清掃をしている、キリコではないと見えないものが見えてくるんです。そして、「失敗したと人から思われることが、我慢できない人種が、この世にはるんだよと思うよ」というキリコにこの短編集が、そんな爽快のものではないと思わせるんですね。

会社が舞台ですから、さまざまな人間関係も出てきます。
「ロッカールームのひよこ」のセクハラの被害にあっている主人公を見てください。セクハラをされ続けても、なぜ反論できないのか。それは、加害者の生活と被害者の欲望が一致していたため。つまり、単にセクハラとは結論付けられない関係だったんですね。それを読まされたとき、ある意味ショックな結末であったかも。

「桃色のパンダ」は不倫をしているという噂の吉田部長の娘のパンダが引き裂かれる。誰が何のために。キリコはいいます。「心がすさんでくると、部屋やトイレは汚れてくるし、汚し方から、その人の精神状態が透けて見えてくる」と。これ、当たっているかも。精神的に疲れているときや、余裕のないときなど、汚しっぱなしだものね。わたしは、精神的にリフレッシュするときには掃除します(笑)。
この短編のラストは悲しいです。

髪をブリーチし、耳にはピアス、日焼けした肌に白いTシャツ、ミニスカート。おまけに美人。そんなキリコなんですが、最後の話「史上最悪のヒーロー」では、キリコが消えてしまいます。悲嘆にくれ、キリコを探す大介と誰もが読むんですよ、これ。いやー、騙されました。
この最後の話がこの作品集を落ち着きあるミステリーに仕上げています。
や、やられたと最後に思うでしょう。

本当にやられました。
続編も読みますとも。またキリコに会いたい。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天使はモップを持って 〔近藤 史恵〕

天使はモップを持って (文春文庫)近藤 史恵 文藝春秋 2006-06売り上げランキング : 23264おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ オペレータールームに配属された梶本大介。 その社内では寄妙な事件が発生する。 書類紛失、保険外交員墜死、マルチ商?...

天使はモップを持って  近藤史恵

私はこれで掃除をはじめました。 この春から新社会人として新たな一歩を歩み始めた僕。配属されたオペレータールームは女性ばかりの部署で色々とからかわれたりはするけれども、優しい上司と尊敬できる先輩に恵まれこれ以上ない環境だった。 ある日、仕事を抱えいつ...

天使はモップを持って 近藤史恵

カバー装画は飯田貴子。清掃員キリコの連作短編ミステリー、シリーズ一作目。読んだ新書版がなく文庫版の画像。 新入社員梶本大介を語り手...

天使はモップを持って    ~近藤 史恵~

他のブログでの紹介を読んで、ぜひ読んでみたいと思った作品です。 他の方のブログは本当に参考になります。 今回も、こんな素晴らしい作...

近藤史恵 天使はモップを持って

天使はモップを持って 近藤 史恵 新社会人の梶本大介。大介が働く会社内では奇妙な事件が発生する。書類がなくなったり、ロッカールームからひよこがでてきたり、黒い液体でトイレが汚されたり。このオフィスビルを掃除してまわるのは、掃除のおばさんではなく、渋谷?...

天使はモップを持って 近藤史恵

天使はモップを持って オススメ! 深く刺さった、小さな棘のような悪意が、平和なオフィスに8つの事件をひきおこす。 書類紛失、保険外交員墜死、マルチ商法勧誘社員の台頭、派遣女性社員の突然の昏倒、ロッカールームの泥棒、切り裂かれた部長のぬいぐるみ、黒い液体...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

人の悪意が透けて見えるような話に、
重たい気持ちになるのかなと思いましたが
読後感は良かったですね~。
キリコの人柄によるところでしょうかね?
最後は私もすっかり騙されちゃいましたが、
ふふふっと幸せな気持ちにもなれたので、
良かったです♪

>エビノートさん
こんばんは。
「悪意」ばかりの話に、重たい気持ちで読んでいました。が、ラストの話が、爽快で嬉しくなってしまいました。
このラストで騙された!と思うと同時に良かった!と思える作品でした。

人の心に潜む悪意の重苦しさを吹き払うように
謎を解き明かしていくキリコのキャラが素敵でした。
続編二作もお楽しみに。

気を悪くされたらごめんなさい。
「セ・シ・ボン」のトラックバック、お待ちしています(汗)。

>藍色さん
こんばんは。
「悪意」が重たかったですね。清掃する中から解決する、キリコがかっこよかったですね。
続編も読みますとも。はい。

ごめんなさい。トラックバックのチェック不足でした。てっきり、送った気になっていました。後でよらさせてもらいます。

人の心の奥にある悪意。
それが表に出たとき、人はとんでもない行動に出る。
そんな話で確かに重いんだけど、
もしかしたら自分もこうなってしまう可能性だって
あるんだよなぁ~って思うと
怖いですね。
キリコシリーズは本当に面白いですよ。

>す~さん
いらっしゃいませ。
確かにそれはいえてますね。この悪意、自分にも十分あり得る。
だから怖くて重い。
キリコシリーズ追いますとも。

こんばんわ。TBさせていただきました。
も~う、この作品は大好きです!キリコちゃん大好き☆
短編一作一作はとても読んでいて気持ちが重たくなりますよね。
ムカッときたり、悲しくなったり。
でも、キリコちゃんのお陰で、ちょっと前向きになれるような気がします。
最後のお話はビックリでしたよね。2人に騙されました。
キリコちゃんのシリーズ、追って下さい^^

>苗坊さん
こんばんは。
そうなんですよ。とっても重たい作品集でしたね。
でも最後の作品で救われましたね。
このシリーズ、追いますから、はい。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。