コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

鹿男あをによし 万城目学 

鹿男あをによし 鹿男あをによし
万城目 学 (2007/04)
幻冬舎

この商品の詳細を見る


<さあ、神無月だ。出番だよ、先生>

「鴨川ホルモー」で、読者を奇想天外な世界へ、引きずりこんだ作者の二作目です。
題名から変ですよね。しかし、題名もおかしいんですが、内容はもっと可笑しいのです。それでいて、引き込まれる。この作者、やりますね。二作目は、さらにヒートアップの面白本です。

大学院生のおれは、神経衰弱の烙印を押され、休暇代わりに奈良の女子高校へ産休の代用教師として赴任することになる。その高校は京都、大阪にも姉妹校を持ち、年に1回、大和杯という三校対抗のスポーツ大会が行われる。そんな時に、おれが出くわす、奇妙な出来事。彼の手に、日本が託されることになる。

単なる奇想なお話に終わらせなかったことが、いいんですね。剣道というスポーツを作品に取り入れていることが斬新。スポーツ小説でもあるんですよ。この作品の剣道の試合の緊迫感の見事さ。

京都の狐、奈良の鹿、大阪の鼠。それぞれの学校がシンボルにしている。
神様の気まぐれもあり、60年に1回遷される「目」の儀式。そして、大和杯の剣道の大会の優勝校に贈られる「サンカク」プレート。目とサンカクはどういう繋がりなのかは読んでみて下さい。
シンボルが役割を持って、日本を守っているなんて。神話や考古学にも長けた作者ならではの、ストーリーだと思います。

本当にばかばかしい話です。
しかし、奈良の鹿の可愛さと可笑しさ。話をしながら、糞をする鹿の身勝手さが本当に可笑しい。方や人間に対する皮肉もこめられています。

果たして、新任先生は日本を救えるのでしょうか。
ばかばかしい話に引き込まれてしまう、何ともコミカルであり、学校で出会う先生や一人の少女との別れの切なさ。ラストもいい、怪作、いえ快作です。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鹿男あをによし 〔万城目 学〕

鹿男あをによし万城目 学 幻冬舎 2007-04売り上げランキング : 648おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫「さあ、神無月だ――出番だよ、先生」。二学期限定で奈良の女子高に赴任した「おれ」。ちょっぴり神経質な彼に下された、空前絶後の救国指令!...

「鹿男あをによし」万城目学

鹿男あをによし万城目 学研究室の教授から「君は神経衰弱だ。二学期だけ友人の学校で講師として働いて欲しい」と言われ、選択肢のないまま奈良の女子校で教鞭をとることになったオレ。いやーん。面白いです。一気読みです。奈良の鹿、京都の狐、大阪の鼠。卑弥呼の時代から

鹿男あをによし 万城目学

ひょんな事から、奈良の女子高で代理教員に就くことになった28歳の主人公が、富士山噴火を防ぐためにあるものを求めて奔走する奇妙な物語。女子高を舞台にした少し目先の変わった学園物かと思いきや、いきなり鹿が話たり、かと思えば、熱いスポ根モノに流れたり・・と、...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

デビューからまだ2作目なんですよね。
それでもこれだけ面白い作品を書かれる著者への期待がますます高まります!
奈良に行ってみたくなりますね。

>エビノートさん
そうなんでうよね、2作目なんですよね!
掛け値なしに面白いv-290
早く3作目が読みたいですねー。
奈良にも行きたいなー。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。