コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

建てて、いい? 中島たい子 

建てて、いい?建てて、いい?
(2007/04/06)
中島 たい子

商品詳細を見る

<居場所が欲しい>

初読みの作家さんです。この作家さんも良かったですねー。文章も上手いし、ストーリーもなかなか読ませます。この方の作品、独特のテーマばかり。がぜん、注目の作家さんです。

独身女、家を建てる。30代半ばの独身女性はある日、重大な決意をする。それは、家を建てること――。仕事よりも、恋よりも、結婚よりも、家……それは正しい女の生き方ですか。
別れて1ヵ月以上たった彼から突然届いた「宅急便」。はたして中身は……?傑作短編「彼の宅急便」同時収録。【講談社HPより】


嬉しい事に予想に反して、面白かったです。内容は、↑のとおりなんですが、家を建てようとする過程が何とも潔く、カッコいいんですね。きっかけは、アパートの階段から転げ落ちたこと。そして、男と結婚すれば、こんな生活から脱出することができると、合コン、見合いなどをするのですが、上手くいかない。自分の居場所はどこなのかと迷ううち、「家、欲しいな」と思ってくるのです。
「空間に囲まれている、独立した建物。個体を専有して暮らす私」そう思った瞬間、今までの悩みが嘘のように晴れていきます。見合い相手の福島さんが、建築士だったこともあり、相談をするのですが、世界には居住するための素晴らしい家がたくさんあることを知っていきます。

「家族のための家もあるし、独身のための家もある。誰が建てたっていい」という福島さん。その言葉に目から鱗。建てる決心をする。「人が住むところ、私が住むところ、それが家」と。
これ、けっこう分かるんですね。なるほど、なるほど、うんうんと頷きながら読んでしまいますが、やはり、自分の実際の家を思ってしまいますね。理想の家を手に入れたいと思いながらも、なかなか手に入らないのが現実かな。

それから、寝かせてある、父の土地を譲り受け、いよいよ現実化していきます。
家族の反応も面白い。「何、バカなことをいっているのか」という雰囲気が、もう、自分が家を建てるかのようなミーハー気分。本当に人柱にしてやろうかという主人公に笑いました。

しかし、大変面白かったのですが、もう少し家が建つ過程とか、家のために頑張る真里の姿をもっと書いて欲しかったなー。そうすれば、もっともっと、共感できたかもしれません。

さて、もう一編の「彼の宅急便」もまた面白いです。別れた彼からの宅急便を待つ、心理描写が絶妙です。こちらも大変面白いですね。まあ、この展開ですから、ラストは予想できますねー。でも上手いですよ、これ。

初読みの作家さんでしたが、本当に上手いと感心しました。
自分の居場所は一体どこなんだろう。自分にとっての頑張れる下地は、どこなんだろうと考えさせられる作品でもあったのです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。