コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

相棒 五十嵐貴久

相棒相棒
(2008/01/12)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

<あの二日間、確かにおれたちは相棒だった>

五十嵐貴久さんという作家さんは、とにかく楽しめる作品を出してくれますね。わたし、まだ2冊しか読んでいませんが、とても面白く読みました。設定がとにかく面白い。この作品のタイトルからして、TVの「相棒」シリーズを連想してしまいますが、TVより面白いかも。

時は幕末、京の都―。徳川慶喜暗殺未遂事件の犯人探索のコンビ、龍馬と土方に与えられた時間は、わずか二日間。いがみ合い、衝突しながら捜査を続ける二人が最後に行きついた人物とは誰なのか?そして、龍馬暗殺。その真相を知った土方は?幕末維新のオールキャストでおくる、感動のエンタテインメント長編小説。【BOOKデータベースより】


大政奉還を八日後に決めた朝、将軍慶喜は西郷と密かに会談するため、二条城を出るが、途中襲撃される。一体誰が何のために。老中、板倉と若年寄永井は二条城に男二人を呼び寄せて、犯人探しを依頼するのです。その二人とは、火と油の敵同士、坂本竜馬と土方歳三。お互いがお互いのために、犯人を捜すことになるのです。
いやー、この設定がまず面白いですよね。幕府を倒すために奔走した坂本と、幕府を護るため新撰組という組織を護った土方。まさに火と油。そんなふたりが犯人を二日間で探せと命じられるのですが。
どこから、探ればいいのか…。

例えば薩摩の西郷隆盛に会いに行ったり、会津藩に乗り込んでみたり、長州の桂小五郎に会いに行ったりと、お互いがその持分の中で探り合っていくのです。しかし、結果は否。時間は少なくなるは、二条城にその都度呼び出されて、報告を求められるは、二人は次第に追い詰められていきます。そして、二人がたどり着いたのは。

二人が互いに認め合っていく過程がなかなかいいんですね。
土方が「坂本という男は実に嫌な野郎ですな。しかし役には立つ。…この男がいなければ、この男の機転がなければ…ここへもどってくることさえできなかった」と報告すれば、分かれるときに坂本は「わしゃ、あんたのことが嫌いではない…また会いたいもんじゃの」と土方にいいます。この辺の坂本と土方の性格の違いがまた面白い。

とにかく歴史好きには、にやりの一冊ですね。実はわたし、竜馬好き。「竜馬がゆく」は3回読みました。ドラマ新撰組は通しで一年間見て、司馬遼太郎先生は今でも、師と仰いでおります。そんなわたしが、この作品を読むのは必然的だったかも。楽しんで読めました。幕末のオールキャストもまた楽しい(まだまだ沢山いるのですが、ほぼ登場)。

とここまでは、歴史好きな方が楽しめると書いたのですが、それだけではなく、誰もが知っている、あの事件。大政奉還後に暗殺される坂本竜馬。それさえもこの作品は書いています。
これを書いてしまったら、ネタバレになってしまいますので、書けませんが、驚かされます。そして、一方の土方は…。これがまたいいんです。

ここまで楽しめる作品を書いてくれた五十嵐さんに感謝。幕末エンターティメントの快作です。竜馬と土方の絶妙な会話がとにかく楽しかった。
五十嵐さん、次はどんな小説で楽しませてくれるんですか。
楽しみな作家さんがまた増えてしまいました。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【五十嵐貴久】相棒

 『シャーロック・ホームズと賢者の石』を読んだきりで、特に好きな作家ということでもないのだが、図書館の新刊案内で見知った名前を見つけ、今なら最初に借りられる!ということで衝動予約した。なので新刊であり、新本である。ただ新本であるというだけで、何だかちょ...

相棒 (五十嵐貴久)

(本の内容) 時は幕末、京の都―。徳川慶喜暗殺未遂事件の犯人探索のコンビ、 龍馬と土方に与えられた時間は、わずか二日間。いがみ合い、 衝突しながら捜査を続ける二人が最後に行きついた人物とは誰なのか? そして、龍馬暗殺。その真相を知った土方は?幕末維新のオ...

相棒 五十嵐貴久

装画は佐々木悟郎。装丁は川上成夫。初出『文蔵』。 将軍徳川慶喜の暗殺未遂事件に、新選組副長土方歳三と海援隊坂本龍馬がコンビを組み犯人探索へ。 大政奉還を控え、期限はわずか二日間。佐幕と勤皇、べらんめえ短気と土佐

相棒 〔五十嵐 貴久〕

相棒五十嵐 貴久 PHP研究所 2008-01-12売り上げランキング : 7895Amazonで詳しく見る by G-Tools ≪内容≫ あの「坂本龍馬」が、宿敵・新選組「土方歳三」とコンビを組んだ!! 時は幕末、京の都――。 徳川慶喜暗殺未遂事件の犯人探索のコンビ、龍馬と土方に与えられた...

五十嵐貴久『相棒』

幕末維新のオールキャストでおくる、スリルと感動のエンタテインメント長編小説。

「相棒」五十嵐貴久

相棒 五十嵐 貴久 JUGEMテーマ:読書 慶応3年(1867年)10月4日の早朝。大政奉還を間近に控えた京の都。将軍・徳川慶喜が薩摩藩の西郷に会いに行く途中、何ものかに狙撃されそうになった。二条城に呼ばれ、老中から犯人探索の密命を受けたのが、土佐藩・海援...

(書評)相棒

著者:五十嵐貴久 相棒(2008/01/12)五十嵐 貴久商品詳細を見る 大政奉還を巡り、西郷吉之助との会談に向かう将軍・慶喜を狙う銃声。難は逃れ...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

土方と竜馬のやりとりはとても微笑ましく良かったです。
そして幕末好きにはたまらない1冊でしたね。
またこういった娯楽時代小説を五十嵐さんに書いてほしいものです。

>りべさん
こんばんは。この二人のやり取りは楽しかったですねー。
本当に性格を良く掴んでいるなーと感心。
強いてあげるなら、勝海舟がどこにも出ませんでした。
わたしとしては、少し残念。

よしさん こんばんは。
日本史全く興味なしでしたが、面白く読めました。
「そうだったらいいのに~」と思わせるラストでしたね。
司馬遼太郎…恥ずかしながら未読です(恥)
五十嵐さんは今月も新刊が出るみたいで、楽しみな作家
さんの一人です。

>naruさん
こんばんは。
本当に坂本竜馬ファンの心を揺さぶるラストでしたね。
土方のキャラはどこでも一緒ですねー。
でもかっこ良かったですねー。
そのうち、司馬遼太郎さんも読み直しますので、お目にかかれるかもです。
五十嵐さんの新作、もうすぐですね。
恋愛小説でしょうか?これまた期待します。

こんばんは。
歴史に疎い私ですがすごく楽しめました。
ちょっと勉強にもなりました。
今月も新刊が出るんですか?!
楽しみ♪

>ななさんへ
こんばんは。
面白かったですね!
新刊は恋愛小説のもようです。同じく楽しみです。
歴史小説が読みたくなりました。

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。