コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

その日のまえに 重松 清

その日のまえに その日のまえに
重松 清 (2005/08/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


<永遠なんてどこにもない。死を題材に生を問う。落涙必至の傑作>

何気ない日常から、ある日突然、愛する人を失う人たちはどうするか。誰でも訪れる死、その日をあなたはどう迎えますか。

こんなに泣いた本はいつ以来だろう。しかも号泣でした。
とめどなく流れる涙。それでも読み続けなければいけない。それは重松作品を読む義務というものだろう。とっておきのラストがあるわけでもない。しかし、読んだ後、生きることや人生ってこういうものなんだなーと考えてしまうのが重松作品であると思います。
この作品も例外ではない。誰もが避けて通りたい「死」をテーマに暗く、重く、辛い作品ばかりです。
ここに収められた作品は、どの主人公たちも死を受け止めていくんですよね。自分がその日を迎えるまでどう過ごしていくのだろうか。

愛する人を亡くした人が読むと、「その日のまえに」「その日」「その日のあとで」が情景のように、出てきて。その死を思い出しがながら、自分と重なり合いながら読んでしまうので、わたしはグチャグチャに泣いてしまいました。

わたしたちが敬遠する、「死」とはどういうことなんだろうか。それは「生」を思うことなんですね。
ちゃんと重松さんは答えを作品の中で用意しています。それは「考える」ことなんですね。昔を考える、今を考える、そして「その日」を考える。なくなった人たちも、残された人たちも。

永遠なんてない、いつか迎える「その日」を、わたしたちはどう迎えるのでしょうか。それも考えつつ、今をもっと、一日一日を大切なものとして受け止めていかなくてはと思います。とっても辛く、重い作品集です。一つひとつの作品が単独に泣けます。
しかし、重松さんは、ちゃんと最後に繋がるようにしています。
本当にうまい。ストーリーも文章も。流れるような文体と、美しい情景描写。会話の妙。まさに名人級のこの作品集をぜひ手にとってもらいたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

「忘れてもいいよ」書き直し書き直し最後に書いたこの短いたったひと言の言葉・・・このひと言についウルッ・・・ときてしまいましたね。でもだんだんと記憶も薄れ思い出すことも少なくなって・・・だとしてもこんな最期を幸せに過ごせた妻はやっぱり幸せなのかもしれないなぁ~って・・・思いました。子供のこととかやっぱり心残りではあったでしょうけどね。。。身近に幼い子供たちを遺して癌で亡くなった人がいたので特に身に沁みて。。短編集の中でもこの作品がいちばんでしたね、やっぱり

>ミッチョんさん
「忘れていいよ」この言葉で、滂沱のごとく、涙が溢れてしまいました。
いずれは、忘れてしまうかもしれないけど、この人と一緒に生きた事実は消せないものですよね。だとしたら、忘れることはないんですよ。そんな妻の、将来に対する優しさに涙なんです。
いい作品でした。

もしこの後誰かと出逢って恋して愛して再婚することがあったとしても、きっと「忘れてもいいよ」と言う言葉を遺して逝った妻のこと、一生忘れないのでしょうね。愛し続けるんでしょうね。そう思うとちょっと羨ましいような・・・最期をこんな風に看取ってもらえて・・・死んだ後もず~っと一生愛し続けられるんだと思うと・・・女として最高?本望?確かに子供のこととかいろいろと心残りではあるでしょうけど・・・そんな気もします。そんな私って・・・

>ミッチョんさん
そう、忘れませんよね。でも、最後にそういう言葉を残した妻の愛情が涙をそそるんです。そこまで、言えないでしょう?
男や女という以前に、自分はどうしますか?
と、問われたような気がして…。
たぶん、そんな強さはなくて、弱さばっかりだして、どうしようもなく妻に甘えるのかなーと思っています。
逆に、妻は…?(笑)
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。