コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

秋の牢獄 恒川光太郎  

秋の牢獄 秋の牢獄
恒川 光太郎 (2007/11)
角川書店
この商品の詳細を見る

<明日という希望がなくなる絶望>

この作品は、恒川さんの三作目。独特の異次元空間と文章が実に綺麗で、一作目の『夜市』からのお気に入りです。二作目は未読ですが、いまいち評判がよろしくないようなので、手がつかなかったのですが、三作目を読んでみて、なかなか力作。やはり、この人の世界観はわたしは、好きです。

11月7日、水曜日。女子大生の藍は、秋のこの一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人……。何のために11月7日は繰り返されているのか。この繰り返しに終わりは訪れるのか?【角川書店HPより】


表題作のあらすじは↑のとおり。収められている作品は、三作。他に
移動する家を守るのは選ばれた者、誰かを欺いて、引き込むしか逃れられないという「神家没落」。
不思議な力、幻術を持つ祖母に育てられたリオ。子供から大人へ、さまざまな人と出会い、到達する境地を描く「幻は夜に成長する」。
どの作品も不思議な異空間世界を描いています。

共通するのは、その世界に閉じ込められる、環境であったり、心理であったり、まさに「牢獄」を描いています。
「幻は夜に成長する」を好きな方も多いとは思いますが、わたしは表題作が好き。突然、同じ日を過ごすことになった女性の不安が次第に絶望に変わる流れと、同じ日を過ごす、仲間との遭遇に怖さと明日の来ない絶望感が本当に怖いですね。
考えてみれば、明日が来るから、希望がでてくるし、「よし、頑張ろう!」となるのですが、明日が来ないと分かった日から、こりゃ絶望でしょう。そんな心理が実に怖かったです。
しかし、ある日一人ではないということに気付くんです。この作品で言うリピーターがたくさんいる。同じ仲間を見つけてゆくんです。そこに希望があるんですね。そして、脱出する唯一の希望は北風伯爵に連れて行かれる。
その後、戻れるかどうか分からないのですが…。

とにかくこの表題作にやられ、「神家没落」、「幻は夜に成長する」の印象がちょっと薄れてしまったというのがわたしの感想です。もちろんこの二作も素晴らしく、怖いです。
「牢獄」にとらわれた人を描くこの美しく怖い世界を是非、堪能してください。

それにしても、カバーを描いている、ミヤタジロウさんの装画が実に素敵ですねー。恒川さんの作品はこの人が描いているのかなー。いやーこれにもやられた。注目します、わたし。

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「秋の牢獄」恒川光太郎

秋の牢獄恒川 光太郎 (2007/11)角川書店 この商品の詳細を見る「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の三編を収録。「秋の牢獄」...

秋の牢獄 恒川光太郎著。

先が知りたくて一気に読んでしまった。 「秋の牢獄」。まさに。いつまで経っても11月7日から逃れられない。終わらない一日。昔読んだ北村薫氏の「ターン」を思い出した。 何度も何度も、同じ日を繰り返す。一体なんのためなのか? 理由は分からない。いつか11月8日を

秋の牢獄 〔恒川 光太郎〕

秋の牢獄恒川 光太郎 角川書店 2007-11売り上げランキング : 3341おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫十一月七日、水曜日。女子大生の藍は、秋のこの一日を何度も繰り返している。毎日同じ講義、毎日同じ会話をする友人。朝になれば全てがリセッ...

「秋の牢獄」恒川光太郎

秋の牢獄恒川 光太郎JUGEMテーマ:読書「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の3つの物語。恒川さんの世界です。この世界のすぐ隣にある異次元空間。時間がねじれた時に入り込んでしまったら、もうその世界からは抜けることが出来ない。どの物語も「何かに捕らわれ

「秋の牢獄」恒川光太郎

秋の牢獄恒川 光太郎JUGEMテーマ:読書「秋の牢獄」「神家没落」「幻は夜に成長する」の3つの物語。恒川さんの世界です。この世界のすぐ隣にある異次元空間。時間がねじれた時に入り込んでしまったら、もうその世界からは抜けることが出来ない。どの物語も「何かに捕らわれ

秋の牢獄 恒川光太郎

装画はミヤタジロウ。装丁は片岡忠彦。初出「野性時代」。短編集。十一月七日を繰り返す女子大生。屋敷から出られない青年。幽閉され幻術を強制される女―。「牢獄」をテーマにそれぞれ異なるアプローチ。時間、場所
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

すべてある意味「牢獄」なんですよね。
私は「神家没落」が好きでした。なんていうか、ひょいと迷い込んじゃって、その先出られなくて、たまに誰か来るとか、大体の出没場所分かっていても、やっぱり牢獄で孤独には変わりませんよね、その寂しさがぐ~~ときました。
2作目は、いろいろといいたいことはありますけど、でも恒川ワールドが盛りだくさんでそれなりに読み応えありますよ。読んだ後で、またぶつぶついいたいですね。(笑)

>じゃじゃままさん
テーマは「牢獄」なんですよ。
「神家没落」も怖かったですよね。」決してとどまり続けることができない家に閉じ込められる男なんて、すごい設定でした。
人を引き込むために、茶店にするところが笑えました。
しかし、極限状態がやはり怖かった。
では二作目でまた語りましょう(笑)
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。