コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

午前三時のルースター 垣根涼介 

午前三時のルースター (文春文庫) 午前三時のルースター (文春文庫)
垣根 涼介 (2003/06)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

<ベトナムで失踪した父を探す、少年とおれ。垣根涼介の一番鶏>

積んでいた、垣根涼介さんのデビュー作を読みました。デビュー作とは思えないスピード感溢れる展開。痛快すぎます。それでいて、ほろ苦さも残るなんて。こんなことなら早く読めばよかった。

旅行代理店に勤務する長瀬は、得意先の中西社長に孫の慎一郎のベトナム行きに付き添ってほしいという依頼を受ける。慎一郎の本当の目的は、家族に内緒で、失踪した父親の消息を尋ねることだった。現地の娼婦・メイや運転手・ビエンと共に父親を探す一行を何者かが妨害する…最後に辿りついた切ない真実とは。サントリーミステリー大賞受賞作。【BOOKデータベースより】


垣根さんのデビュー作です。この作品でサントリーミステリー大賞受賞。なかなかの痛快な冒険小説に仕上がっています。何より、展開がいい。失踪した父親を探す、少年のためにベトナム行きを計画する長瀬。少年のただならぬ事情を聞き、相棒の源内を引き連れ、いざベトナム行。果たして父と子は再会できるのか。なぜ、父は失踪することになったのか。

これは、冒険小説の手法ですよね。この長瀬、ただの旅行代理店の営業マンとは思えない、知能の持ち主なんです。いろんな局面を持ち前の知能で切り抜けていくんです。また、ベトナムでの行動のため、娼婦メイとタクシーの運転手ビエンを雇い、父親探しをしていきます。
ただものではない長瀬の過去については、一切触れられてはいませんが、ビエンやメイを雇う下りは、何かしらの過去を持っているようです。わたしとしては、もう少し掘り下げていって欲しかったなー。

相棒の源内がまたいいんですが、これまた動機が少し弱い。お金が余りあまっているために友人を手助けするというのも、何だかなー。
まっ、この辺はデビュー作ということで差し引いても、ビエンやメイがとてもいいんです。お金のためだけではなく、長瀬という人物に引かれ、協力していく二人。

少年が父親の真相にたどり着いた時、あまりにもな残酷な事実が分かります。祖父から会社の跡取りを約束された少年。母は政略的に再婚。結婚相手には連れ子もいるため、将来は苦難が予想されます。しかし、そんな境遇を受け入れていく、少年。このベトナム行が彼を一回りも二回りも成長させます。そんな少年を描いたラストシーンを見よ。
このシーンだけで、読んで良かったと思いました。

現実のベトナムはこうなのか、疑問ですが、それを差し引いても、痛快に躍動感を感じるこの作品。まさに垣根さんの記念すべき一番鶏です。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

午前三時のルースター

 一昨年読んだ『ヒートアイランド』はかなり面白かった。去年読んだ『ワイルド・ソウル』は抜群に面白かった。で,忘れていたデビュー作を読んでみた。 旅行代理店の営業マン長瀬は,得意先の社長の依頼により,彼の孫慎一郎ベトナム旅行に同行することになる。高校入....

スマートな結末

結末間際の大どんでん返しは、ミステリーというジャンルにおける、必要必須条件とでもいえばいいのか、まあ、お約束である 笑さらには結末間際の大どんでん返しに至るまでに小中大のどんでん返しが2転3転4転5転とこれでもか、これでもかと続くミステリー....

午前三時のルースター 垣根涼介著。

垣根氏のデビュー作になるのか。 すっごい読みやすかった、そしてすぐに引き込まれた。 少年の父に一体なにが起こったのか。4年前失踪して、当時発見された血まみれの上着。 ところが3年後、父親の姿が偶然テレビに。 そりゃあ、もう一体なにが起こったのか興味津々、知

午前三時のルースター 〔垣根涼介〕

午前三時のルースター≪内容≫旅行代理店に勤務する長瀬は、得意先の中西社長に孫の慎一郎のベトナム行きに付き添ってほしいという依頼を受ける。慎一郎の本当の目的は、家族に内緒で、失踪した父親の消息を尋ねることだった。現地の娼婦・メイや運転手・ビエンと....
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございました

はじめまして、この作品はデビュー作としての煌めきに溢れていたと思います。ちょっと雑な部分が、妙に魅力的だったりしますね!!

>yoriさん
こんばんは。初めまして。
なかなかデビュー作でここまで読ませる作家もいないのでは。
確かに雑な部分もありました。それを差し引いても良かったです。

ほろ苦かったですね。
クールだな、と思ったんですけど、デビュー作だったからかもしれないですね。作品が増えるにつれて、だんだん熟れてきて熱いイメージになりましたし。
でもデビュー作なのに、惹き込みかたは上手でした。

ラストシーンは印象的ですよね。
ほろ苦さもありますが、あのシーンで爽快さも感じました。
大変面白かったです。

>じゃじゃままさん
こんばんは。そうそう、ほろ苦さは格別でしたね。
確かにクールな主人公。しかし、温かさも備わっていました。
これがデビュー作なんて、すごいと思います。

>エビノートさん
こんばんは。
このラストが物語を引き締めてくれていましたね。
切なく印象的でした。垣根さんただものではない。
しかし、車の描写など詳しかったですね。
きっと垣根さんも好きなんでしょうね。

とても質の高いエンタテインメントに仕上がっていました。
『ワイルドソウル』などで見られたこの作家さんのよいところを生かしていたように思います。
最近は『きみたちに明日はない』でしたっけ、器用なところも見せていますね。

>ディックさん
こんばんは。
デビュー作にしては本当に質は高かったですねー。
「ワイルドソウル」もいい作品でしたし、「きみたちに明日はない」もなかなか。
注目の作家さんですねー、上手いです!
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。