コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ブラック・ジャック・キッド 久保寺健彦

ブラック・ジャック・キッド ブラック・ジャック・キッド
久保寺 健彦 (2007/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


<ブラック・ジャック大好き少年の冒険と青春>

今、話題の売り出し中の作家さん、久保寺さんの第19回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。そして、次の「みなさん、さよなら」でパピルス新人賞受賞。乗りに乗っている作家さんですね。さて、そんな作家さんの作品の感想は…

ブラック・ジャックになりたいおれと、『ガラスの仮面』を教えてくれた内気な宮内君。そして、眼鏡を外すと超綺麗な泉さん。イブの晩、駅の向こう側の見知らぬ街に姿を消した泉さんの弟・健太を捜して、三人の大冒険が始まった――。ドラマ原作大賞選考委員特別賞、パピルス新人賞同時受賞に輝く、驚異の超大型新人登場!【新潮社HPより】


ファンタジー大賞受賞作だけに、どんな話かと思ったのですが、「むむ、普通の小説」ではないですか。マンガ「ブラック・ジャック」をこよなく愛する少年の成長小説の趣が強いかな。

ご存知のとおり手塚治虫の「ブラックジャック」はマンガの傑作。わたしも、全巻とはいかないまでも、読みましたとも。凄腕の外科医、クールで現実的、優しい一面を持ち合わせた、「ブラックジャック」に痺れたものです。そんな「ブラックジャック」を心酔した少年の、小学校時代が書かれているんですが、「ブラックジャック」が嫌いな人は辛いかもですね。わたしは、第〇〇話ではという解説でこの作者、このマンガを全巻読破し、熱烈な手塚治虫ファンと読みました。そういうところは、大好きで興味深く読むことができましたね。

話自体も悪くは無いんです。父と母の諍いと、学校生活、ケンカ、そして両親の離婚、母との別れといい感じなんですが…。途中の川べりに現われるめぐみちゃんとの話は、なくても良かったのではないかなぁ。いまいち分からないんです。物語自身の中の影響も。それ以外の話が、結構面白いのに、もったいないような。

後半に友だちになる、宮内君と泉さん。これは良かった。本好きでマンガ好きな二人と友だちになり、クリスマスの日に冒険をします。そこはファンタジーかな。ここらあたりが、本読みの心をくすぐるんですね。さまざまな作品も紹介されて。

前述のとおり、一部ムムムのシーンはありましたが、全体としてはまずまず良かったです。ましてやデビュー作なら、その感は強くなりますね。次も読みます、わたし。

さて、この主人公の少年のあだ名が「アッチョン」。
これがまた手塚治虫ファンならピンと来るはずですよね。
「手塚治虫は偉大な作家だね」と出てきますが、まさに同感。
余談ですが、この話の「しゃー、しゃー」が頭から離れない(笑)。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラック・ジャック・キッド   ~久保寺 健彦~

ブラックジャックになりたかった小学生、和也の成長物語。小学生の頃って○○のようになりたい、というより○○になりたい、と思ってた。○○そのものになりたいって。大人になれば、そんなことはできない

ブラック・ジャック・キッド 〔久保寺 健〕

ブラック・ジャック・キッド久保寺 健彦 新潮社 2007-11売り上げランキング : 152839おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫雪降る聖夜、奇蹟が起きる! 三冠制覇、青春小説の超新星!ブラック・ジャックになりたいおれと、『ガラスの仮面』を教えてくれ....

久保寺健彦『ブラック・ジャック・キッド』

おれは、ブラック・ジャックになりたかった。第19回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。

ブラック・ジャック・キッド 久保寺健彦

装画は佐藤繁。装幀は新潮社装幀室。第19回ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞作。主人公で語り手のおれ、織田和也は手塚治虫の名作マンガ『ブラック・ジャック』をこよなく愛しブラック・ジャックになりたい小学生。日常の
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

ん~
やっぱりめぐみの存在が謎なんですよね~。
唐突に出てきた感があって
この部分だけは必要なのかな?って気にはなりますね。
ファンタジーな部分はちょっとだけだったし、
あっちょんの成長物語として読むと
かなり良かったです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>す~さん
そうなんですよ。めぐみがねー。
ファンタジーらしくないファンタジーでちょっと、びっくりでした。
やはり少年の成長物語として読むべきなんでしょうね。

よしさん こんばんは。
めぐみの登場は確かにいらないかも。
ファンタジーとしてはイマイチかもですが
この作品には大笑いさせてもらいました。
「しゃー、しゃー」私もしばらく頭から離れなかったです(笑)

>naruさん
おはようございます。
めぐみの登場は、何だかなー、イマイチ分かりませんでした。
後、期待していただけに、???でした。
でも、笑いましたねー。
わたしは「しゃー、しゃー」がお気に入りです。

上手くTBが飛ばないのでアドレスを載せておきます。
http://tmxxb1973.blog82.fc2.com/blog-entry-600.html

ほんまに同じような感想になっていますね。
同意見って結構うれしいかも。
もう一冊の既刊も読みたいと思いました。

>しんちゃん
なぜか、この作品のTB上手くいきませんねー。
アドレス記入、ありがとうございます。
もう1冊は、現在図書館予約中です。早々に読めそうなんですけど…。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。