コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎 (2007/11/29)
新潮社
この商品の詳細を見る

<おまえ、オズワルドにされるぞ。伊坂幸太郎の最高傑作登場!>

わたしの中の伊坂幸太郎ベストは『アヒルと鴨のコインロッカー』だったのですが、この作品はそれを上回ってしまいました。それほど、凄い作品でした。早くも今年のベスト級(笑)。刊行時期が悪く、各ベストにもエントリされていませんが、今年のベスト候補でしょう、これは。

仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。どうやら、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられているようだ。この巨大な陰謀から、果たして逃げ切ることはできるのか?【新潮社HPより】


ただただ、凄い作品を読んでしまったというのが第一の感想です。『私の男』のような重いものではなく、とってもライトな感覚だったのです。決して、爽快なものでもないんですが。やはり、伊坂さんらしいラストがいいですね。

物語は引用のとおり。一人の男が濡れ衣を着せられ、逃げるお話。これが怖いんです。犯人に仕立て上げられる描写が怖いんですね。何から何まで陰謀が張り巡らされ、マスコミまで利用して仕立て上げられていく過程がとっても怖いんです。そして、ある事件を基に、張り巡らされたセキュリティポッドという、監視装置。画像は基より、携帯の通信まで傍受特定できるというもの。これって、リアルですよ。今でもいcセキュリティカメラっていたるところにあるじゃないですか。それが国家の意志として利用されたらと思うと、寒くなります。携帯だって、簡単に発信元は特定できますしね。

そんな中を青柳は逃げていきます。頼れるのは自分の知力と体力、友人のみ。特に学生時代の友人四人組のエピソードがそれぞれに泣かせます。これは、『砂漠』を思い出させます。それぞれのエピソードがちゃんと生きているからまたすごい。

『ラッシュライフ』や『フィッシュストーリー』で見せた時間の使い方、『チルドレン』『陽気なギャング…』のような粋な会話。
そして、物語り全体に散りばめられた伏線。途中で何度も、ページ遡ってしまいました。ミステリですので、詳しくは書けないのが残念だなー。

その中でも「最大の武器は習慣と信頼」という友人の言葉が最後まで印象的でした。結局、人間と人間の信頼なんですね。元恋人樋口晴子との関係。父と子の関係。これが泣かせます。信頼されるということ、信じるということ。これが唯一の武器になっていきます。

未読の人のために、なるべく細部の感想は省略しました。
まさしく伊坂幸太郎の最高傑作です。わたしは、これ買ってまた読みます。まだまだ、隠されていたものが発見できるような気がすんです。
最後にこれだけは
「だと思った」に鳥肌が立つくらい感動し、泣きました。
今から読む人はいいなー、また感動が味わえるんですから。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー(2007/11/29)伊坂 幸太郎商品詳細を見る大事な話がある、おまえのことに関する重要なことだ。青柳雅春は、旧友の森田森吾...

ゴールデンスランバー 〔伊坂 幸太郎〕

ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 29おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools≪内容≫仙台で金田首相の凱旋パレードが行われている、ちょうどその時、青柳雅春は、旧友の森田森吾に、何年かぶりで呼び出されていた。昔話....

「ゴールデンスランバー」伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎JUGEMテーマ:読書仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。どうや

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

装幀写真は三谷龍二。装幀は新潮社装幀室。書き下ろし。首相暗殺の濡れ衣を着せられた青柳雅春の逃亡劇。手に汗握って読みました。始めにマスコミの報道で犯人と思わされ二十年後の検証を経て、リアルタイムに事件を描き「真

「ゴールデンスランバー」 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー伊坂 幸太郎 新潮社 2007-11-29売り上げランキング : 288Amazonで詳しく見る by G-Tools内容説明俺はどうなってしまった? 一体何が起こっている? 首相暗殺の濡れ衣を着せられた男は、国家的陰謀から逃げ切れるのか。精緻極まる伏線、忘れがたい会話

ゴールデンスランバー   ~伊坂 幸太郎~

いいっすね~、この作品。ケネディー大統領暗殺事件を髣髴とさせる首相暗殺。その犯人に仕立てられた青柳。いったい誰が何のために首相を暗殺し、青柳に濡れ衣を着せたのか。その真相は?青柳が逃げる2

-

管理人の承認後に表示されます

-

管理人の承認後に表示されます
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

先ほど、一気に読んでしまいました。
読後は、違う世界を彷徨ったみたいで、ぼーっとなってしまいました。

「だと思った」って、何ページに出てきたかわかりますか?
よかったら教えてください。

>ゆうさん
こんばんは。早や読まれましたか!
352Pのシーンです。

何度もすみません。
「だと思った」、わかりました。

何度みても、うるうるしてしまいますね。

>ゆうさん
「痴漢は死ね」ですよね。
いやー、すごかった。

人と人との繋がりに胸が熱くなる作品でしたよね~。
すごく良かったです!!
「だと、思った」も「痴漢は死ね」にも、他にもいろんな所でウルウルしてしまいました。

>エビノートさん
すごい作品でした。
人と人との繫がりに涙しましたね。
伊坂さんはすごい!
例え、今は違う人生でも一緒に生きたあの頃の信頼が、結びつく。
惜しむらくは、森の声(涙)

自分は「だと思った。」で早めに感情がピークに達してしまい、
普通なら「痴漢で死ね」で号泣となるところが、
そうはいけませんでした(汗)。
あまりに完璧すぎてちょっと嫌味をいいたくなりますが、
それも言えないほど凄い作品でした。

こんばんは。
やっぱり伊坂さんはすごい!って思いました。
伏線はきっちりと拾っていくし、言葉がすごく効いてました。
「だと思った」は鳥肌がたちました。
青柳君のお父さんもかっこよかったですね。

>りべさん
「だと思った。」でピークで、そこからは一気読みでした。
花火も良かったですねー。
まさに完璧!ここまでの作品を書いてくれるなんて、2年も短い(?)
いやー、凄かった。

>ななさん
こんばんは。
伊坂さんのすごさを再確認しました。
「ちゃっちゃっと逃げろ」ですね。一緒にいる刑事が泣くところなんぞ、ウルウルですよね。
いい言葉がたくさんありました。
「痴漢は死ね」これも効いてましたね、ラスト。
親指押しもいいですね。

こんばんは。
久しぶりの伊坂さんらしいエンターテインメント作品、
堪能しました。
カットバックを巧く使いながら描き出していく話の展開、
見事でした。

こんにちは。
宣伝文句の「伊坂幸太郎の集大成」は伊達じゃなかったですね。
しっかり読んでどっぷり世界にハマって、現実世界に帰ったとき
しばしぼーっとしてしまいました。
わたしもこれ借りて読んだのですが、自分で買おうと思います。
それで人に貸して、地道に普及させたいと思います!

>藍色さん
こんばんは。
そうそう、この手法カットバックですよね。過去のエピソードが現在に使われる。本当に伊坂さんらしいなあ。
お見事!

>まみみさん
こんばんは。
まさに「伊坂幸太郎の集大成」ですよね。ただの売り文句ではなかった(笑)。すごい作品でした。
中盤から一気読みでした。前半のエピソードを軽く流していたら、大変なことになりました(苦笑)
手元に置いておきたい本ですね。

よしさん こんばんは。
ホント読み返したくなる作品ですよね。
伏線がすごくて、何度ページをめくり返したことか(笑)
どきどきはらはらしながら読みました。
友情、家族…すべてがパーフェクトな作品だったと思います。

>naruさん
こんばんは。
最初から目が離せなかったのですよね。
うかつに読んでいたら、何度も後戻りする結果に。
いやー、すごい展開とドラマでした。

「たいへんよくできました」
まさにこの作品のための言葉でした。
やっぱり伊坂さんはサイコーです。

>す~さん
こんばんは。
実は伊坂さんの最近の作品は、どうも物足らない感もあったのですが、
この作品のためにあったと思うと、大満足です。
次の作品を早く読みたいですね(笑)

こんばんは。私も今までも伊坂さん作品は大好きでしたが、ゴールデンスランバーはその中でもトップにくるかこないか、それぐらい面白かった作品です。
伏線の張り方も見事だし、結構ぐっとくる言葉も沢山描かれていて、その辺もさすが伊坂さん!という感じでした。

>masakoさん
コメント遅くなり申し訳ありません。
伊坂さんは直木賞を辞退なさっていたのですね。凄い、えらい。
直木賞が何ぼのもんじゃいってな感じで爽快です。
この作品、絶対文庫化になったら買います。
とんでもない作品でした。

こんばんわ。TBさせていただき案下。
今更ながらの読了ですが、本当に面白かったですね~。
青柳がいろんな人に騙されて利用されても、味方もいて。
ハラハラしながら読みました。
面白かったです。
伊坂さんの作品は最高です。

>苗坊さん
こんいちは。遅れてすいません。
伊坂さんは、直木賞の候補作を辞退していたのですね。
この作品で直木賞を取りたくなかった(?)
何とも痛快な嬉しいような、寂しいような。
更に傑作を書いてくれると信じています。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。