コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田 陸

木洩れ日に泳ぐ魚 木洩れ日に泳ぐ魚
恩田 陸 (2007/07)
中央公論新社
この商品の詳細を見る

<一組の男女が迎える最後の夜に、解き明かされる真相>

恩田陸さんの作品を間隔が空かないうちに読むことができました。しかし、この作家さん、幅広いですね。その作品群はミステリー、ホラー、青春、エンターティメントなどなど。今回は上質のミステリーです。

一組の男女が迎えた最後の夜。明らかにされなければならない、ある男の死。それはすべて、あの旅から始まった――。運命と記憶、愛と葛藤が絡み合う、恩田陸の新たな世界。【中央公論新社HPより】



明日の朝から離れ離れになるカップルが一組。そのカップルが1年前の忘れることができないある事件について、真相を探っていきます。お互いがお互いを疑いながら。

最近読んだ、数作がいずれも家族が主題であったこともあり、まさかこの作品はないだろうと思っていましたが、やられた。これもかよ。何と連鎖するんですね。
ミステリーなので、あまり語ることができませんが、これが大きな仕掛けです。
つまり、この男女はなぜ別れねばならないのか。それが、冒頭からの謎なんですね。

引越しの準備も終わり、最後の晩餐は、二人にとってある事件の真相を探るためのことだったんです。ここから、二人の視点を通じて物語が動き始めます。
何と緊迫した心理戦でしょうか。これが読ませる。物語に引き込まれていくんですね。お互いを疑っていく、駆け引き。男女の仲にあるわだかまり。家族への不信感。そんなものが徐々に出てくるんです。
そして、一夜が明けたとき、男女が取った行動は、何とやるせないものなのでしょうか。そして、過去に決別して別々の道を歩むことになるんですけど、悲しいんです。

ぐいぐい引き込まれます。途中からの悲しい二人の運命に呆然とし、そして真相がわかった時にまた呆然。
「障害があるからこそ燃え上がる恋」障害が障害でなくなった時に急激に気持ちが冷めてしまう。むしろ、嫌なところが彷彿してくる。
何という皮肉なんでしょうか。

二人の駆け引きの妙。まるで舞台を見ているように展開していきます。そこまで計算して書かれているのでしょうけど…。本当に面白かったのです。
恩田陸の上質の心理サスペンスを堪能あれ。
「夜明けは人がいちばん死にたくなる時間」二人が出した結論まで、一緒につきあいましょうよ。
緊迫の心理劇。オススメです。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「木洩れ日に泳ぐ魚」恩田陸

木洩れ日に泳ぐ魚恩田 陸男はヒロ、女はアキ。二人は大学時代にサークルで出会い惹かれあった。惹かれあうのには訳があった。一緒に暮らしていた二人がそれぞれ引越しもほぼ追え、最後の夜を一緒に過ごす。あきらかにされる1年前のある男の死と自分達の関係とは…物語はほ

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田陸

装画は佐々木悟郎。装幀は中央公論新社デザイン室。「婦人公論」2006年1月22日号~2007年2月22日号連載に加筆。高橋千浩と藤本千明が、数年間一緒に暮らしたアパートで迎えた最期の夜。二人とも、一年前に旅先で起

恩田陸  木洩れ日に泳ぐ魚

木洩れ日に泳ぐ魚 恩田 陸 恩田さんが大好き!と言っている割には、随分と長い間、恩田さんの本を読んでいませんでした。この本は読み始めてすぐ広がっていく恩田ワールドに浸っていくことができて、懐かしさにクラクラしました。 一組の男女が迎えた最後の夜。明?...
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。