コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

相棒 五十嵐貴久

相棒相棒
(2008/01/12)
五十嵐 貴久

商品詳細を見る

<あの二日間、確かにおれたちは相棒だった>

五十嵐貴久さんという作家さんは、とにかく楽しめる作品を出してくれますね。わたし、まだ2冊しか読んでいませんが、とても面白く読みました。設定がとにかく面白い。この作品のタイトルからして、TVの「相棒」シリーズを連想してしまいますが、TVより面白いかも。

時は幕末、京の都―。徳川慶喜暗殺未遂事件の犯人探索のコンビ、龍馬と土方に与えられた時間は、わずか二日間。いがみ合い、衝突しながら捜査を続ける二人が最後に行きついた人物とは誰なのか?そして、龍馬暗殺。その真相を知った土方は?幕末維新のオールキャストでおくる、感動のエンタテインメント長編小説。【BOOKデータベースより】


大政奉還を八日後に決めた朝、将軍慶喜は西郷と密かに会談するため、二条城を出るが、途中襲撃される。一体誰が何のために。老中、板倉と若年寄永井は二条城に男二人を呼び寄せて、犯人探しを依頼するのです。その二人とは、火と油の敵同士、坂本竜馬と土方歳三。お互いがお互いのために、犯人を捜すことになるのです。
いやー、この設定がまず面白いですよね。幕府を倒すために奔走した坂本と、幕府を護るため新撰組という組織を護った土方。まさに火と油。そんなふたりが犯人を二日間で探せと命じられるのですが。
どこから、探ればいいのか…。

例えば薩摩の西郷隆盛に会いに行ったり、会津藩に乗り込んでみたり、長州の桂小五郎に会いに行ったりと、お互いがその持分の中で探り合っていくのです。しかし、結果は否。時間は少なくなるは、二条城にその都度呼び出されて、報告を求められるは、二人は次第に追い詰められていきます。そして、二人がたどり着いたのは。

二人が互いに認め合っていく過程がなかなかいいんですね。
土方が「坂本という男は実に嫌な野郎ですな。しかし役には立つ。…この男がいなければ、この男の機転がなければ…ここへもどってくることさえできなかった」と報告すれば、分かれるときに坂本は「わしゃ、あんたのことが嫌いではない…また会いたいもんじゃの」と土方にいいます。この辺の坂本と土方の性格の違いがまた面白い。

とにかく歴史好きには、にやりの一冊ですね。実はわたし、竜馬好き。「竜馬がゆく」は3回読みました。ドラマ新撰組は通しで一年間見て、司馬遼太郎先生は今でも、師と仰いでおります。そんなわたしが、この作品を読むのは必然的だったかも。楽しんで読めました。幕末のオールキャストもまた楽しい(まだまだ沢山いるのですが、ほぼ登場)。

とここまでは、歴史好きな方が楽しめると書いたのですが、それだけではなく、誰もが知っている、あの事件。大政奉還後に暗殺される坂本竜馬。それさえもこの作品は書いています。
これを書いてしまったら、ネタバレになってしまいますので、書けませんが、驚かされます。そして、一方の土方は…。これがまたいいんです。

ここまで楽しめる作品を書いてくれた五十嵐さんに感謝。幕末エンターティメントの快作です。竜馬と土方の絶妙な会話がとにかく楽しかった。
五十嵐さん、次はどんな小説で楽しませてくれるんですか。
楽しみな作家さんがまた増えてしまいました。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

1985年の奇跡 五十嵐貴久

1985年の奇跡 (双葉文庫) 1985年の奇跡 (双葉文庫)
五十嵐 貴久 (2006/06)
双葉社
この商品の詳細を見る

<甲子園は夢じゃない。笑いと涙の痛快青春野球小説>

五十嵐さんの作品は、不思議なことに未読なんです。五十嵐さん、ごめんなさい。今回のこの作品は、前々から評判だったのですけれど、読み逃していた1冊です。
うわさに違わず面白かったなー。この年号もの(と命名していいんでしょうか)は「2005年のロケットボーイズ」、近著では「1995年のスモーク・オン・ザ・ウォーター」と続くのですが、その前段として、読みたかった1冊なのでした。
きっと、これから読み続ける作家さんになろうと思います。

おニャン子クラブに夢中になり、阪神タイガースの快進撃に呆然とし、日航機が御巣鷹山に墜落した1985年。小金井公園高校に一人の転校生、沢渡がやってくる。それが奇跡の始まりだった。

いやー。面白かった。ここまで読ませてくれるとは思いませんでした。元々、野球好きのわたし。野球小説とくれば、読まないわけにはいきません。しかし、五十嵐さんの作品は未読。眉唾もので読んでみることにしたのですが、いやー、面白い。
一級のエンターティメントの作品ですねー、これ。

冒頭から引き込まれます。なんせ、ケンカの場面から始まりますので。それが、何が原因かというと…。おニャン子クラブなのですねー。一大ブームを巻き起こしたおニャン子クラブで誰が一番かという、他愛もないケンカなのです。そんな時代だったんですねー。それが、また懐かしいのです。

私は、22年前の1985年は、何をしていたのだろう。確かにおニャン子クラブで日本中が沸いていたし、阪神タイガースの快進撃にびっくりしていましたね。掛布、バース、岡田のバックスクリーン三連発もこの年でしたね。そして、日本中を悲しみに包んだのが、日航機の墜落事故。芸能関係者、著名人も沢山乗っていて、犠牲になったことで、衝撃を与えた年ですよね。
そんな年を、五十嵐さんは、選んで作品にしました。おそらく、わたしたちの年代なんでしょうね。

小金井公園高校に転校生がやってくるところから、物語は動き出します。サウスポーで凄いピッチャーなのですが、故障したらしい。しかし、ある事件でその潜在能力が発覚し、野球部に入部。あれよあれよという間に勝ち進みますが、ある秘密があるのですね。
弱小寄せ集め野球部にとって、このことがきっかけで崩壊の危機になるんです。ここからが第二の見せ場。
雪辱を期すために、猛練習をしていくんです。そして、もう一度沢渡をマウンドに立たせるために。
これが泣かせる。女子高校のグラウンドを借りながら、細々とまじめに取り組むんですよね。

もともと、この学校は進学校で、落ちこぼれは野球部に集中しているんです。そんな学校に一泡吹かせるというのが、もう一つのキモ。そして、沢渡はマウンドに立つのか。
こうして、チームがまとまっていくんですね。
とっても個性的な面々。何せキャプテン(オカ)はくじ引きだし。三つ子。アンドレ、イートンと野は、ただの集まりという面々だもの。それがまとまっていくんだから、奇跡なんです。

これだけではありません、本当の奇跡は、まだあるんです。いろんな意味で管理する側に反発する高校生の姿を描いているんですね。そう、尾崎豊の歌のように。いやー、懐かしい。わたしの世代にはたまりません。そんな、懐かしさを引き出す作品と同時に、真っ向勝負の青春小説でもあり、野球小説、恋愛小説もあったり、まさに一級のエンターティメント作品なのです。

さて、おニャン子クラブといえば、会員№.8「国生さゆり」でしょう(懐)。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。