コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

うつくしい子ども 石田衣良

うつくしい子ども うつくしい子ども
石田 衣良 (2001/12)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

<やりきれないが、前向きに生きる少年に魅かれる>

石田衣良という作家は、こんなに幅広かったかなと、「IWGP」のイメージが大きすぎて、大変、驚かされた作品です。
この作品のベースは、酒鬼薔薇事件。それだけに、テーマとしては非常に重い内容でした。しかし、この作品を活かしているのが主人公の少年なのです。

三村幹生(ジャガ)は中学年2年。ある日、少女の猟奇的殺人が学校の裏山で起こる。そこから幹生の生活は、一変するのだった。

殺人事件とともに、変わる生活。それは、痛々しいほどです。マスコミに追われ、夫婦の離婚を強制され、学校にも行けない。そんな加害者としての立場を克明に書いていきます。主人公の視点と新聞記者の視点を巧みに織り交ぜて。
そして、この少年が学校に復帰し、浮かび上がる真実。紛れもないミステリーなんですよね。

そして、物語を活かしているのが、幹生のともだち。長沢君とはるき。それぞれがクスノキに集まり、しだいに打ち解け合う「クスノキの集会」になっていくんですね。そして、お互いの秘密を話していく。友情の話としてもいいんです。しかし、そんな友情にも妨害が…。

新聞記者の視点は必要なのかと思いましたが、これはちゃんと用意されていたんですねー。これもうまい。

では、どこが不満なのかといわれると、やはり、作品の重さと被害者の家族はどうなのかと考えてしまったからです。被害者の家族の描き方があまりに薄い。しかし、それが主体ではないので仕方がないのかもしれませんが。

この作品は主人公の前向きさと強さに魅かれます。不幸な事件を受け止め、前向きに生きていきます。強いんですよ。最後もジーンときました。
「ジャガ頑張れ」と言いたくなるんですよ。

少年犯罪、いじめ、友情、家族。いろんなものが詰まった小説だと思います。
石田衣良さんには失礼ですが、この作品を読んで見直しましたもの。読ませます。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

東京DOLL 石田衣良

東京DOLL 東京DOLL
石田 衣良 (2005/07/29)
講談社
この商品の詳細を見る


<夢物語としか思えず>

まわりからGM(ゲーム・オブ・マスター)と呼ばれる天才的ゲームクリエーターはコンビニで一人の少女を次作のイメージキャラクターにスカウトとする。背中に翼のタトゥがある少女はGMの心を癒していく存在に。GMの会社は買収される危機に陥ることに。ヨリはGMを救うことができるのか。

何といえばいいのでしょうか、この小説。天才的GMのゲームを作りだす苦悩も描かれていますが、今ひとつピンとこないのです。巨大な富を手に入れ、おまけに魅力的なフィアンセもいる。なぜこの少女にのめりこむことになるのか。そこがもう一つなのです。

ほどほどの官能小説、男と女の心を描いた恋愛小説、企業買収問題も絡んだ経済小説。どれもあてはまるような内容で少し欲張りすぎではと思います。一つに絞ればいいのではとも思いました。極めつけはよりがもつ特殊能力。結局これがGMを救うことになるのだが…。

あまりにも現実離れした夢物語としか読めませんでした。
登場人物に感情移入することもなく、ただ淡々と傍観している第三者的な気分で読み終えました。ただ読ます筆力がなければ最後まで読まなかったでしょう。

石田作品は東京という都市の背景を描写するのに卓越した才能がある作家だと思います。都市の無機質さや無責任さを、その作品に投影しています。そしてこの作品もGMという、何一つ不自由のない、最高権力者の孤独とその舞台である都市を描くのに成功しています。
わたしは主人公を初めとする登場人物には、嫌悪感が…。先にも書きましたが、あまりにも現実離れしているからなんですよね。そうしたものがごちゃ混ぜになった小説であるがゆえ、のめりこめなかったのです。

今後もあきらめずに読むことは間違いない作家ですが…。わたしにとっては当たりはずれが大きい作家です。
コンテントヘッダー

池袋ウエストゲートパーク 石田衣良

池袋ウエストゲートパーク 池袋ウエストゲートパーク
石田 衣良 (2001/07)
文芸春秋
この商品の詳細を見る


<池袋を舞台に、疾走する少年たち>

今さらなのですが、読み終えました。石田さんの代表作。
これが石田さんの持ち味なのだろう。とってもスピーディーな文体が池袋の若者マコトにピッタリとはまっています。

池袋で果物屋を営む19歳のマコト。裏では池袋界隈のトラブルシューターでもある。次々と起きる事件を切れ味抜群の頭脳で解決し、信頼を得てゆく。事件の解決すると同時に仲間が増えていく。
「池袋ウエストゲートパーク」「エキサイタブルボーイ」「オアシスの恋人」「サンシャイン通り内戦(シヴィル・ウオー)の短編4作。

池袋のキングGボーイズのタカシ、引きこもりの和範、ヤクザのサルと個性的な面々がマコトとともに事件を解決していくが、それぞれが事件に関わっていくことがきっかけで仲間になっていきます。
抜群の信頼を得るマコト。彼が本当に魅力的でかっこいい。その分強烈すぎて、脇が弱い面も。なんせ、ある事件がきっかけで聞くのはクラシック音楽のみ。仕事は果物店。相談を受けたら引き受けてしまう、人情家なんです。

そんなマコトも第4話では恋に落ちる。またこれがいい。マコトと仲間の成長が一作ごとに書かれています。これは続編狙いであるのはいうまでもない。そして、あらかじめTVドラマ化を狙ったかであるかのよう。
この文体はとっつきにくい感もあると思うが、読むに連れてピッタリあってきます。池袋を疾走する少年たちにピッタリはまっているのです。

あっという間の読了でした。
またマコトに会いたい。シリーズ物として期待できそうです。石田さんの策略にまんまとはまった感あり。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。