コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

決定!2008年本屋大賞

第5回を迎える、2008年本屋大賞が決定した模様です。
大賞はこの作品↓

ゴールデンスランバー
ゴールデンスランバー

2位は「サクリファイス」
3位は「有頂天家族」

わたしは途中まで、本命は、「映画篇」、対抗に「八日目の蝉」と予想していたので、少しびっくりしました。
しかし、「ゴールデンスランバー」を読んでからというもの、やはり、これは大賞候補かなとも変更。一躍、本命になってしまいました。
この作品の重厚さと爽快さは、他を圧倒していたのかなと思っています。
一体、いくつ賞を取るのでしょうか。まずは一つ目ですね。

おめでとう、伊坂さん。まさに伊坂さんの集大成的な作品。未読の方は、この作品をぜひぜひ。
凄いです。決して、冒頭から侮られないよう、読まれることをオススメします。
明日から、店頭に並ぶんでしょうね。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

2008年本屋大賞ノミネート作品

第5回目になる2008年本屋大賞のノミネート作品が発表になりました。
ノミネート作品は↓の10作品。

赤朽葉家の伝説悪人有頂天家族映画篇カシオペアの丘で(上)ゴールデンスランバーサクリファイス鹿男あをによし八日目の蝉私の男

わたしは7作品を読了。
個人的には、
◎『映画篇』○『八日目の蝉』△『鹿男あをによし」
なのですが、何といっても森見さんの『有頂天家族』に集まりそうだなー。
さてさて、全国の書店員さんはどの作品を選ぶのか。
発表は4月8日です。
コンテントヘッダー

おめでとう!桜庭一樹さん

第138回の直木賞が決まりました。
予想どおり、桜庭一樹さんの「私の男」です。

私の男
私の男

選考委員の北方謙三さんは、
「作家としての可能性が豊穣に感じられる」
同感です。まさに今後の可能性を持った才能への受賞と見ました。

固かったとはいえ、この作品を直木賞に選出した選考委員の皆さんにも評価に値すると思うのですが、どうでしょう。
コンテントヘッダー

第138回直木賞候補作発表!

第138回の直木賞候補作が発表されました。
候補作は下の通りです。

ベーコン悪果敵影
私の男警官の血 上巻約束の地で

さて今回、私は「私の男」と「ゴールデンスランバー」(伊坂幸太郎)の一騎打ちとなると思っていたのだが…。なぜ伊坂さんは候補作にもなっていないの?
これでは、「私の男」のためのレースではないですか。

他の候補作に異存は無いのです。いずれも実力派。黒川さんにも、ぜひ受賞してもらいたいなー。
しかし、「私の男」でしょう。鉄板レースの感は否めない。
タイミングよく、現在、読書中だし(笑)

さてさて、あなたの予想は?発表は16日です。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。