コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ゴールデンスランバー 伊坂幸太郎

ゴールデンスランバー ゴールデンスランバー
伊坂 幸太郎 (2007/11/29)
新潮社
この商品の詳細を見る

<おまえ、オズワルドにされるぞ。伊坂幸太郎の最高傑作登場!>

わたしの中の伊坂幸太郎ベストは『アヒルと鴨のコインロッカー』だったのですが、この作品はそれを上回ってしまいました。それほど、凄い作品でした。早くも今年のベスト級(笑)。刊行時期が悪く、各ベストにもエントリされていませんが、今年のベスト候補でしょう、これは。

仙台での凱旋パレード中、突如爆発が起こり、新首相が死亡した。同じ頃、元宅配ドライバーの青柳は、旧友に「大きな謀略に巻き込まれているから逃げろ」と促される。折しも現れた警官は、あっさりと拳銃を発砲した。どうやら、首相暗殺犯の濡れ衣を着せられているようだ。この巨大な陰謀から、果たして逃げ切ることはできるのか?【新潮社HPより】


ただただ、凄い作品を読んでしまったというのが第一の感想です。『私の男』のような重いものではなく、とってもライトな感覚だったのです。決して、爽快なものでもないんですが。やはり、伊坂さんらしいラストがいいですね。

物語は引用のとおり。一人の男が濡れ衣を着せられ、逃げるお話。これが怖いんです。犯人に仕立て上げられる描写が怖いんですね。何から何まで陰謀が張り巡らされ、マスコミまで利用して仕立て上げられていく過程がとっても怖いんです。そして、ある事件を基に、張り巡らされたセキュリティポッドという、監視装置。画像は基より、携帯の通信まで傍受特定できるというもの。これって、リアルですよ。今でもいcセキュリティカメラっていたるところにあるじゃないですか。それが国家の意志として利用されたらと思うと、寒くなります。携帯だって、簡単に発信元は特定できますしね。

そんな中を青柳は逃げていきます。頼れるのは自分の知力と体力、友人のみ。特に学生時代の友人四人組のエピソードがそれぞれに泣かせます。これは、『砂漠』を思い出させます。それぞれのエピソードがちゃんと生きているからまたすごい。

『ラッシュライフ』や『フィッシュストーリー』で見せた時間の使い方、『チルドレン』『陽気なギャング…』のような粋な会話。
そして、物語り全体に散りばめられた伏線。途中で何度も、ページ遡ってしまいました。ミステリですので、詳しくは書けないのが残念だなー。

その中でも「最大の武器は習慣と信頼」という友人の言葉が最後まで印象的でした。結局、人間と人間の信頼なんですね。元恋人樋口晴子との関係。父と子の関係。これが泣かせます。信頼されるということ、信じるということ。これが唯一の武器になっていきます。

未読の人のために、なるべく細部の感想は省略しました。
まさしく伊坂幸太郎の最高傑作です。わたしは、これ買ってまた読みます。まだまだ、隠されていたものが発見できるような気がすんです。
最後にこれだけは
「だと思った」に鳥肌が立つくらい感動し、泣きました。
今から読む人はいいなー、また感動が味わえるんですから。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

チルドレン 伊坂幸太郎

チルドレン (講談社文庫 (い111-1)) チルドレン (講談社文庫 (い111-1))
伊坂 幸太郎 (2007/05/15)
講談社
この商品の詳細を見る

<俺たちは奇跡を起こすんだ>

家庭裁判所の陣内、同僚の武藤、友人の鴨居、そこで出会った盲目の青年永瀬。永瀬の側にいる盲導犬と優子。そして家裁で担当をする少年達。陣内をめぐる5つの物語。
この作品の感想は伊坂さんらしい作品だなーということ。とってもほんわかして、優しい気持ちになれる作品集です。殺人事件がおきるわけではなく、日常的、非日常的あわせた陣内を巡るエピソードが書かれています。

「陣内のまわりの友人から見た陣内という男の話」といった方がいいかもしれません。陣内のキャラクターを浮かび上がらせています。この男、とっても破天荒だけども憎めない。人の迷惑は顧みない、唯我独尊的性格に周りは迷惑している。でもとってもまっすぐな性格なんです。

「俺たちは奇跡を起こすんだ」
「そもそも大人が恰好良ければ、子供はぐれねえんだよ」という陣内。そんな陣内の活躍を描く「チルドレンⅡ」がわたしのお気に入り。陣内たちがライブで奏でる「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」に涙。

テーマは「父と子」でしょうか。それぞれの作品が父と息子、娘の関係を描いています。とってもいい作品集であることは間違いないのですが…、この作品は短編集なのだが長編であると伊坂さんが書いているのですが、それがさっぱりわからない。どこがどう繋がっているのか。確かに繋がっているのはわかるのですが、一つの話にはなっていないような。これはよく分かりませんでした。

とっても伊坂さんらしい作品です。長編で感じる一つひとつにピタッとはまっていく、ジグソーパズルのような爽快感はなかったけど、いい作品には間違いありません。きっといつか再読する作品でしょう。
だって謎が解決していないんですよ、わたしの中で。それほど伏線があるんですよね、きっと。
また陣内に会いたいなー。

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

コンテントヘッダー

死神の精度 伊坂幸太郎

死神の精度 死神の精度
伊坂 幸太郎 (2005/06/28)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


<シュールに淡々と滑稽に>

「死神の精度」「死神と藤田」「吹雪に死神」「恋愛で死神」「旅路を死神」「死神対老女」の6編で構成されている連作短編集。 1週間後に死ぬ、「可か否か」の調査をするのが死神の仕事。仕事をするときにはいつも雨が降る。人間に興味はない。ミュージックが好き。人間の感覚はない。こんな死神と人間の出会いが織り成す、感動の話。

この作品の成功は死神が独立していることです。人間の感情を持たず、あくまで淡々とシュールに自分の仕事を全うすること。それは、この作品のユーモアにつながっています。いい味なんですよ、これ。

死神を主人公とすることで明日をも知れない命だと読者に突きつけながら、与えられた人生を必死に生きるもの、あきらめた人生を生きるものなど様々な登場人物の中で結局、「生きることは素晴らしい」と読者に悟らせています。

もっとも一筋縄ではいかない伊坂作品。互いの短編が連鎖しあい、最後の短編であっといわせること間違いなし。この短編がなければ平凡な作品なんだけど。キーワードは「たいせつなものと時間」それが全編貫いていることに最終話まで読んでわかってきます。

そして、この作品が素晴らしいのは、一話一話の短編が、任侠小説であったり、恋愛小説、本格推理小説、ロードノヴェルであったりと、形にこだわっていない手法をとっていることです。もっともこれも死神を主人公にしていることで生きている作品なのです。

こうした伊坂作品の実験に読者が最終話までたどり着いたとき、唸らせられます。シュールに淡々と滑稽に死神はその仕事を全うします。いつしかこの主人公に愛着を持って見てしまいます。「死」に対して否をと願っていたのは、最初だけ。どうでもよくなるんですよ。明日がわかっているのは死神だけ。そんな人間が滑稽に切なく、やはり「生きているっていい」というのが実感できる小説です。

さまざまな小説の形を堪能してください。最後まで読んでください。特に「恋愛で死神」以降の3作は秀逸。そう、死神はすべてお見通し。だからこそ、切ない。そんな短編集をぜひ。
また騙されました。
コンテントヘッダー

ラッシュライフ 伊坂幸太郎

ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)ラッシュライフ (新潮ミステリー倶楽部)
(2002/07)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

文庫も出版されていますが、やはり親本を。それは表紙にもエッセンスが詰まった作品だからです。表紙はエッシャーの騙し絵。この絵のごとく、読者をまんまと騙す(?)伊坂さんはすごい。そして第1作「オーデュボンの祈り」ともリンクしています。

傲慢な画商、こだわりをもつ泥棒の黒澤、リストラで途方にくれ、野良犬と町をさまよう豊田、お互いの配偶者を殺そうとするサッカー選手の青山とカウンセラーの京子、新興宗教の教祖の解体に立ち会わされる河原崎。5つの物語が進んでゆく。

続きを読む

テーマ : ブックレビュー
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。