コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

ぼくらの(1) 鬼頭莫宏

ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS) ぼくらの 1 (1) (IKKI COMICS)
鬼頭 莫宏 (2004/06/30)
小学館
この商品の詳細を見る

<少年少女15人が背負う過酷な運命>

めったにマンガは読まないのですが、今年読み始めた中で衝撃を受けたマンガです。これは書かなくてはと思い、レビューすることに。
この作品は1巻だけでは、決してその凄さが伝わらないのでしょうけど、まだ全巻読んでいませんので、忘れてしまう前に1巻ずつレビューします。

夏休み、学習交流自然学校に集まった中学1年生の15人。そこで、あれに出会ってしまう。それは決して後戻りできないゲームだった。

↑上のあらすじ、実は間違いがありました。一人、小学生が参加していました。この小学生の女の子が物語に、すごく影響して来るんだとわたしは読んでいるのですが、さてどうなるんでしょう。

どこにもいる中学1年生が、夏休みにとんでもないことになるんです。
なんと、どこから来たのかわからない、敵のロボットと闘うことに。与えられたロボットを「ジアース」と命名するんです。これもちゃんと意味があるんですね。
ここまでなら単なる正義のヒーローものと思えてしまいますが、ただのヒーローものではありません。ロボットが持っている武装なんかどうでもいいんです。

ここから描かれるのは、選ばれた15人の人生なんです。たった、13年の人生の中に、家庭や友だちとすごした、13年間がそれぞれに描かれていきます。そこが、単なるヒーローものと違うところ。
最初に選ばれたのは和久隆。サッカー好きの隆は、父の影響でサッカーを辞めた。考える時間が欲しいために。小高勝は、傲慢な父に兄弟が嫌がる中、父のようになりたいと願っている。父こそ何にも負けない、選ばれた人間と思っている。しかし、その父を…。

何て残酷な運命が待っているのでしょう。和久隆の章も、衝撃的なのですが、小高勝の方も、衝撃的。
彼らは一体何のために、誰のために戦っていくのでしょうか。

彼らの操縦席は日常のイスなんです。それぞれが思いのあるイス。これも伏線なんですよ。
まだまだ、謎を含んだ1巻ですが、今後の展開に目が離せません。

衝撃本であることは最初に書きましたが、決して爽快感は味わえませんので、そのつもりで。胸にどんよりと残ってしまうラストなんですね。しかし、次が読みたくなるというのも、不思議。それは、それぞれの人生が知りたいと思うからなんでしょうね。
スポンサーサイト
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。