コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

家日和 奥田英朗

家日和 家日和
奥田 英朗 (2007/04)
集英社
この商品の詳細を見る

<あなたは一体どのタイプ。抱腹絶倒の在宅小説>

久しぶりの奥田さんの作品ですが、笑いましたね。やはり奥田さんの作品はいいなー。今、この手のユーモア小説は、荻原さんか奥田さんのものですよね。奥田さんの方がアクは強い気がする。そこがまたいい。

ネットオークションにはまる専業主婦。会社が倒産し、主夫となる営業マン。夫と妻。ちょっとずれていて、でも愛情がないわけでなく…。ずっと外にいた夫の王国か。ずっと家にいた妻の城か。ビター&スウィートな「在宅」小説。【MARCデータベースより】


いやー、面白かった。あっという間の一気読み。痛快な読書でした。奥田さんはやはり、上手いですね。この手の小説を書かせたら、ピカイチ。それは伊良部先生シリーズで証明されていますけど。
でもこの作家、ユーモア小説だけではないところがすごいのです。『サウスバウンド』『最悪』『ガール』など実に幅広い作風を持っておられます。そういうところは、これまた私の好きな荻原浩さんに良く似ておられますね。本当に面白いので、早く新刊出ないかと期待させてくれる作家さんです。前置きはさておき、内容ですね。

『サニーデイ』はネットオークションにはまる主婦の話。オークションで次々と不要なものは売りさばき、どんどんはまっていきます。やがて、夫の大事なものまでも、最後はホロリです。
『ここが青山』リストラに遭い、主夫業に専念することになった夫ですが、これがどうやら、合っていたよう。妻はこのときとばかり、働きにでます。こんな夫婦もありで、いいよなーと思える作品です。主婦業も楽ではないんだけど、家もいいでしょうと思えてきます。
『家においでよ』は妻が出て行ったあと、自分の部屋ができたと、次々と自分の好みに部屋を変えていく男の話。これまた、最後がいいんです。

などなど、ユーモアのセンスが実に良く、笑えるんです。ただ笑えるんじゃなく、最後はほのぼのときます。家もいいじゃないと働いているわたしにとっては思えてくるんですね。
そして、ネットオークションにはまる過程などから、あっ、ここにもわたしがいる。次々に自分の城を築いていく男の話などは本当にうらやましい生活だよなー。だからといって、今の生活に不満があるわけじゃなく(笑)。

誰もがふと思う日常の一端を、奥田さんは実に上手く話を作られますね。感心しました。
そして、皮肉。ロハスの生活を描く『妻と玄米御飯』には大笑いでした。こういう生活している人もいるんでしょうね。実に窮屈だよな。良かった興味がなくて。『グレープフルーツ・モンスター』は少しやりすぎかな。まあ、これはご愛嬌。
どの作品も実に面白い。

家っていいなーと本当に思える作品です。さあ、あなたはどのタイプ?奥田流在宅小説にはまってください。オススメします。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

ガール 奥田英朗

ガール ガール
奥田 英朗 (2006/01/21)
講談社
この商品の詳細を見る

<30代、OL。文句ある?>

30代のOLを主人公にした5つのストーリー。おしゃれ、将来、結婚、子どものこと、また会社で働くことについて揺れるOLたちを活き活きと描く。

本当に奥田さんの引き出しはいくつあるのでしょう。「マドンナ」で40代の会社で働く男たちを書き、今度は何と30代OL。
思いのほか、現代の30代OLを描いていると思います。と、いっても男の立場から見ると、よく分からないのですが…。奥田さんが書いたというのがすごい。

おしゃれやこの年代の彼女達の気持ちなど、よくもまあ、ここまで書けるなあと感心する事しきり。何でも奥田さんは女性ファッション誌しか資料にしていないのだとか。てっきり、OLに取材をおこなったのではと思っていました。それだけ鋭いんです。

ここで描かれるOLたちは、仕事、家庭、子ども、ライバル、結婚などで悩んでいます。奥田流のさまざまな人間に注がれる細やかな愛情が、会社の中での彼女達にも注がれています。あるときは切れたり、またあるときはライバルに自分と同じものを見つけたとき。奥田さんが彼女達を活き活きと描いています。そして皆がみな、とっても元気で可愛い。女性のみならず、男性も見習わなくてはいけないとそう思います。何で男性はくたびれているのでしょうね?
そして、万事が解決ではないのですが、最後は何かしら、元気が出てくる。
人間って決して捨てたものではないし、会社というものもまんざらでもないと思ってくるから不思議。

奥田さんは、「ダ・ヴィンチ」のインタビューで40歳、30歳と書いてきたので20歳の新人もとの質問に、「ルーキー」も悪くないといわれていました。
ぜひ三部作、実現して欲しいなー。

とにもかくにも、奥田さんが描く会社小説は読ませる。「マドンナ」と対比しながら読み進める事をオススメします。
プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。