コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

廃墟建築士/三崎亜記

廃墟建築士廃墟建築士
(2009/01/26)
三崎 亜記

商品詳細を見る

<不思議な建築物をテーマにした4つの話。三崎ワールド全開だが…>

三崎さんの作品の面白さは、日常を描いた別世界の話が多いです。
それも奇想天外で、ある意味皮肉が交じってて、現実の社会の真逆であるとか。
それが、三崎さんの持ち味であると思っています。
この作品は、建物をテーマにした4つの短編集ですが、どれも不思議な話ばかりです。各書評では結構、評価が高かったのですが、わたしは「鼓笛隊の襲来」の方が好きなんです。
さて、その理由は…。

廃墟は現代人の癒しの空間。だが人が住んでいることが発覚し「偽装廃墟」が問題になって…表題作ほか、ありそうでありえない建築物を舞台に繰り広げられる、不思議で切ない三崎ワールド。4編収録。【集英社HPより】

続きを読む

スポンサーサイト
コンテントヘッダー

光/三浦しをん

光
(2008/11/26)
三浦 しをん

商品詳細を見る

<あの三浦しをんが、圧倒的な筆力で描くダークな小説>

久しぶりに三浦しをんさんの作品を読みました。
「きみはポラリス」以来ですね。恋愛小説や軽妙なエッセイを想像していたら、大間違い。
とんでもなく打ちのめされました。

暴力で人は救えるか。渾身の長編
生まれ育った島が天災に遭い、天涯孤独の身となった信之。しかも彼は愛する幼なじみを救うためにある罪を犯していた。島を離れて二十数年、心を閉ざして生きてきた信之を、過去の秘密が追ってくる。【集英社HPより】

続きを読む

コンテントヘッダー

ハブテトル ハブテトラン/中島京子

ハブテトル ハブテトランハブテトル ハブテトラン
(2008/12)
中島 京子

商品詳細を見る

わたしにとっては、ほぼ地元なのでご当地小説ですね。
近くで見ることのできる風景が何とも懐かしく感じられました。そして、帰りたいとも。
この小説を書いてくれた、中島さんに感謝したくなりました。中島さんも舞台の松永にいらしてたんですね。どこかで、会っていたかも。そんなことを考えると嬉しくもなりました。

登校拒否になった小3の大輔は、母の故郷・広島県の松永に転校。穏やかな瀬戸内海の町と人に出会い、元気を取り戻した大輔の胸にある思いがわきあがってくる!【ポプラ社HPより】

続きを読む

コンテントヘッダー

本日、サービスデー/朱川湊人

本日、サービスデー本日、サービスデー
(2009/01/21)
朱川湊人

商品詳細を見る

お久しぶりです。一時、復活目指して頑張ってみましたが、挫折。まだまだ体調もイマイチなのですが、だいぶ良くなりつつあり、再開しました。気長に見守って下さいませ。
再開第1弾は、朱川さんのこの作品。表題作が現代なので、ピンとこないというのもありますが、随所に朱川さんらしい、ブラックがあり、わたしはこの方、読み続けると思います。

直木賞作家・朱川湊人の幸運を呼ぶ小説、できました!テーマは「人生全肯定」。努力せずに幸運をつかみたい人、必読!世界中の人間には、それぞれに一日だけ、すべての願いが叶う日がある。
それが、サービスデー。神様が与えてくれた、特別な一日。本来は教えてもらえないその日を、思いがけず知ることになったら。あなたなら、何をする?【光文社HPより】

続きを読む

コンテントヘッダー

贖罪/イアン・マキューアン

贖罪贖罪
(2003/04)
イアン マキューアン

商品詳細を見る

今年から、翻訳ものを読むという決意のもと、今年2冊目がこの作品です。ちなみ1冊目は「ザ・ロード」でした。
某SNSの100冊文庫企画で推薦されたのを機に、読んでみようと手にとりました。それが、どうにも時間がかかってしまいました。
これだけは、言っておきます。今から読む皆さん、ぜひ、あきらめず最後まで読んでください。
文庫も発売されていますの、文庫の方が読みやすいのかな。
翻訳物って、いい作品がまだまだありますねー。ぜひ、翻訳物にももっと光を当ててほしい。

まだ戦争が始まる前、地方の旧家で暮らしていた少女の私にとって、世界は無限に開けていた、あの日が来るまでは――。無垢な少女が引き起こした悲劇が恋人たちを引き裂き、切なくももどかしい結末を呼ぶ。受賞歴があるにもかかわらず三度目のブッカー賞最終候補に輝き、全米批評家協会賞を受賞した著者畢生の大作/最高傑作。



続きを読む

コンテントヘッダー

ばかもの/絲山秋子

ばかものばかもの
(2008/09)
絲山 秋子

商品詳細を見る

久々の絲山さんは、ダメ男小説でした。この方、こういうダメ男を書かせたらうまいですね。
ダメ男小説ですが、素晴らしい恋愛小説でした。

気ままな大学生と、強気な年上の女。かつての無邪気な恋人たちは、いつしか別れ、気づけばそれぞれに、取り返しのつかない喪失の中にいた。行き場をなくし、変わり果てた姿で再会した二人の、むき出しの愛。生きること、愛することの、激しい痛み。そして、官能的なまでの喜び――。待望の恋愛長篇。【新潮社HPより】

続きを読む

コンテントヘッダー

すべての若き野郎ども/久保寺健彦

すべての若き野郎どもすべての若き野郎ども
(2008/09/25)
久保寺 健彦

商品詳細を見る

この作家さんを読むのは、2作目。
私の中での注目作家さんです。作風としては「ブラックジャック・キッド」の流れかなー。
この作品は、スピード感の保証します(笑)

TBS・講談社 第1回ドラマ原作大賞 選考委員特別賞受賞作。
一緒に「天下統一」目指そうぜ!生涯戦績、317勝無敗(自称)の達夫と、元暴走族特攻隊長・恭平は、最強コンビを組み「天下統一」を目指す。5つの暴走族、地元のヤクザを向こうに回し旋風脚(センプーキャク)と皿割りで連戦連勝。そこに立ちはだかる伝説の男の正体は?天下無双のスケールにドラマ化が追いつかない!?でも、とりあえずはガンガンいきゃあいいんだよ!【講談社BOOK倶楽部HPより】

続きを読む

プロフィール

よし

Author:よし
本好きですが、読むのは遅いです。読書メーターやってます。

ただし、スパムが多いため、コメントは承認制、TBは現在禁止しています。

カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
今読んでいる本
よしの今読んでる本
最近の記事+コメント
ブログリスト
あわせて読みたい

あわせて読みたい

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。